歯折治療法歯折治療法歯折治療法

歯折治療法歯折治療法歯折治療法

  • 2021-08-15 04:05:39
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 歯の折れを防ぐにはどうすればいいか、歯の折れのケア策
  2. 歯の折損検査、歯の折損診断

歯折診療の知識

受診科:口腔科治療費用:病院によって料金基準が一致せず、市三甲病院で約1000-3000元治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療歯折治療

一、治療

1.冠折欠損が少なく、象牙質が露出していない冠折は、鋭い縁を研磨することができる。象牙質はすでに暴露され、軽度の敏感者がいて、減感治療を実行することができる。敏感な者は、仮のプラスチッククラウン、内張り酸化亜鉛クローブ油ペーストで接着し、十分な修復性象牙質が形成された後(6〜8週間)、複合樹脂で歯冠形態を修復する、その際、歯髄に刺激を与えないように水酸化カルシウム製剤で下敷きにする。歯髄が露出した前歯は、歯根の発育が完了した者に歯髄摘出術を施す、若い永久歯は歯髄暴露の程度と汚染程度によって活髄切断術を行い、歯根の発育を促進する。歯冠の欠損は、複合樹脂による修復または人工冠による修復が可能である。

特に指摘すべきことは、なお活力のある歯髄は、治療後1、3、6カ月およびその後の数年間、半年ごとに再検査し、歯髄の活力状況を明らかにすることである。歯の恒久的な修復はすべて受傷から6〜8週間後に行わなければならない。

2.根こそぎの治療は、まず自然治癒を促進し、歯がしっかりしているようであっても、活動しないように早めにクリートで固定する。歯の外傷から数週間経過してから受診し、緩みが小さい場合は固定しなくてもよい。

根折は根尖に近いほど予後が良いとされている。根折が歯槽内に限定される場合、予後に非常に有利であるが、折裂が歯肉溝に波及したり、歯肉下折が発生する場合、治療が複雑になり、予後も悪くなる。

根尖1/3折断に対しては、クリートで固定するだけの場合が多く、歯髄治療を必要とせずに修復し歯髄活力を維持することが可能であり、根折歯は予防的歯髄治療を行うべきであるという考え方は正しくない。根を折った直後に根管治療術を行うと、断端の間に根管ペーストが圧入される可能性があり、逆に修復に影響を及ぼすためである。しかし歯髄壊死がある場合には速やかに根管治療を行うべきである。

根の中の1/3の破断に対してはクリートで固定することができる;歯冠端にずれがある場合は、固定する前にリセットしなければならない。固定をリセットした後、毎月1回再検査し、クリートが緩むかどうかを検査し、必要な時にクリートを交換することができる。再検査時にもし根折冠段の歯髄壊死を発見したら、適時に髄を抜去しなければならない。もし根折根尖段の歯髄はまだ活力があるならば、根折冠段の根管治療術を行うだけでよい;もし根折根尖部歯髄が壊死したら、根管治療術を併用すべきである。根折根尖部歯髄の活力の有無を判定する方法は、冠部歯髄を抜去して洗浄した後、平滑髄針で検査し、痛みや出血があれば根尖部歯髄の活力があることを示した、逆に、もし根髄がすべて壊死したら、全根管治療術を行うべきである。歯牙ガムチップを充填することなく、チタン合金針又はコバルトクロム合金杭をポリカルボン酸亜鉛固着粉末で根管に固着し、断端部を共に固定し、根面のセメント質沈着を促進する。治療のために根尖部の断塊を手術方法で除去した後、冠側部分が短すぎて支持不足の場合、常にチタン合金根管骨内植栽杭を挿入して歯の元の長さを回復し、同時に歯冠部をクリートで固定する必要がある。このように骨組織は金属の「根」の周囲に成長し、病理的な運動度を除去する。

頸側1/3が折れて歯肉溝と交通した場合、自己修復は認められなかった。歯根の長さが杭冠修復を行うのに十分な場合は、歯肉切開術、あるいは歯列矯正法あるいは歯槽内歯根変位術を用いて、歯根断端を引き抜いて歯肉に露出させ修復することができる。

縦走根折の予後はよくなく、抜歯が必要である。時々、根管治療後、歯体半切除術或いは根切り術を試行することができる。

接着添え木技術は根折を固定する最も簡単な方法であり、その手順は以下の通りである:

(1)患歯を復位し、唇面を拭き、そして95%エタノールで拭き、拭き、乾かし、湿気を遮断する。両側の健常歯(少なくとも片側1歯)を同じ方法で処理する。

(2)直径0.4mmのステンレス鋼線を、患歯冠幅に両側の少なくとも1個の正常歯の幅を加えた長さに相当し、これらの歯の唇面外形と一致するように弓型に曲げた。

(3)歯の唇面の1/3箇所を1~2分間酸食する。蒸留水で洗浄して乾かし、接着剤と複合樹脂でクリートを鋼線に固定します。その際、患歯が固有の位置にあることを保証すべきである。最後にX線写真を撮影し、根断裂部分の対位が良好かどうかを検査した。下顎前歯では、咬合の妨げにならないように、弓形の添え木を歯の舌面に当てなければならない。

3~4月に固定した後、臨床検査、X線写真、バイタリティー試験を再実施する。今後は6月に1回、計2~3回の再検査をしなければならない。

根折癒合後、複合樹脂を金鋼砂利で研磨し、ワイヤーを緩めて除去し、歯面を平坦化した。

根折の転帰には、次の4つの形式があります:

(1)両断端は石灰化組織と連合しており、骨損傷の癒合とよく似ている。硬組織は中胚葉組織から分化したセメント芽細胞により形成される。生髄歯の髄腔側には不規則な象牙質が形成されていた。

(2)結合組織は各段を分離し、断面にセメント質の成長があるが、連合は見られなかった。

(3)結合していない各セグメントは結合組織と骨橋によって分離されている。

(4)断端は慢性炎症組織は分離し、根端は生きた髄が多く、冠側段歯髄は壊死することが多い。この形は実際には修復や治癒の表れではありません。

第1の形態の癒合は、主に転位がなく早期に固定された患歯にみられる。第2と第3の形態の治癒は、根折歯が固定されていないか咬合調整されていない場合に出現する。この3つの組織学的修復形態に対応して、/シルクフレークも3つの修復形態を観察することができ、すなわち、破線は見えないか、あるいはほとんど見えない;切断端の間には狭い透過線があり、切れ端の縁が丸くなって鈍くなる、断端間に骨橋などがみられた。

根折歯では髄腔石灰化がよく起こる。外傷により髄腔が小さくなった歯髄はコラーゲン成分の増加を特徴とし、細胞数の減少を伴う。

3.歯冠根折歯髄治療が可能な後歯冠根折は、可能な限り温存する。治療後、位置釘を補強し、杭核を作り、全冠を修復する;根管治療後、被覆義歯にすることもできる。前歯の冠根折に対しては、口腔に通じる歯頸部根折の治療原則を参考に処置する。

  1. 歯が折れる原因、歯が折れることにはどのような原因があるのか
  2. 歯が折れる合併症、歯が折れるとどんな病気になるのか
  3. 歯が折れる症状、歯が折れる早期症状、バイタルサイン
  4. 歯を折った食事、食事療法、歯を折って何を食べたらいいのか
  5. 歯折のケア−ケアの注意点−食事のタブー
分類

お問い合わせ