血液型不適合溶血症母子検査及び血液型不適合溶血症母子診断

血液型不適合溶血症母子検査及び血液型不適合溶血症母子診断

  • 2021-08-02 10:03:28
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 母児血液型不適合溶血病の予防方法母児血液型不適合溶血病の看護措置
  2. 母児血液型不適合溶血病の治療方法,母児血液型不適合溶血病の治療方法,母児血液型不適合溶血病の薬

母児血液型不適合溶血症のよくある検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
直接抗ヒトグロブリン試験血液血管血液直接抗人球エッグ...
間接抗ヒトグロブリン試験血液血管産婦人科自己診断で...
抗体放出試験血液血管血液産婦抗体放出試験...
羊水検査女性生殖産婦胎児が...
有核赤血球血液血管----有核赤血球対...
ヘモグロビン血液血管血液ヘモグロビン検査...
赤血球検査血液血管血液保健科放射線・化学療法科赤血球は赤とも呼ばれる...
血液型鑑定血液血管輸血科血液型の鑑定は主に...
血清非結合ビリルビン肝血液血管心臓血管内科血液非結合ビリルビン...
一、検査

新生児検査

1、赤血球数、ヘモグロビンと網細胞数、網細胞数は5%6%まで増加することができて、有核赤血球は15%に達することができます;

2、血清はビリルビンを結合していない明らかに上昇して、治療しなければ、重い者は513μmol/L(30mg/dl)以上に達することができます;

二、妊婦検査

1.出生前診断:

妊婦とその夫の血液型を調べて、疑わしい時は妊娠16週目に妊娠母の血清抗体を検査して基礎レベルとし、2回目は24-30週の時に測定して、以後毎月1回測定して、抗体価が上昇する傾向があって胎児が受ける可能性があることを示して、もし1:32 1:64に達して胎児が受ける可能性がもっと大きいことを示して、羊水検査を行うべきで、一般に妊娠周28-31週の時に行い、また25週に早くすることができます;

2.羊水を分光光度計で測定する

波長300−800nmの光学濃度(△OD)では、450nm(△OD 450)にビリルビン膨出部が出現する。レシチンとスフィンゴミエリンの比率を同時に測定し、胎児の肺成熟度を推定する。正常な胎児は胎齢35土2週間の時に肺はすでに成熟して、すでに成熟した者は早めに分娩することができる;羊水ビリルビン吸光度分析では、450mµでの吸光度差(△O D450)>0.06が危険値であった。0.03~0.06警戒値;<0.03为安全值。孕36周以后,羊水胆红素含量0.03>0.06mg%は正常値;>0.2mg%胎児に溶血障害があることを示す;

3.出産時診断:

胎盤は診断の参考になり、胎盤と新生児の体重の比が増える。同時に臍帯血の血液型を検査して、特異的抗体、血液常規とビリルビンはすべて診断に役立つ;

4.産後診断

新生児の生後36h以内、特に第一日以内に黄疸が出現した場合、まず新生児溶血症を考慮すべきである。血液型同定および血液型抗体の検査は血液型不適合溶血の診断及び鑑別の根拠である。抗ヒトグロブリン間接試験と抗体滴定で血液中に存在する抗体を検定することができる;抗ヒトグロブリン直接試験及び抗体放出試験を用いて患者の赤血球に付着した抗体を検定することは最も診断価値がある。新生児溶血症を疑う者は、出生時に臍帯血検査を行うべきである。前胎児に新生児溶血の病歴がある者は、再妊娠時に出生前診断を行うべきである。

5.定期的に血液型を調べる

妊婦は出産前に血液型を検査すべきであり、例えばO型であり、夫がA、B、AB型の者は特異性抗体検査を行うべきで、陰性者はすでに感作されたことを示し、Rh血液型不適合抗体価>1:32、ABO血液型不適合抗体価>1:512の者は病状が深刻であることを示した。

  1. 母児血液型不適合溶血病の診断・鑑別-母児血液型不適合溶血病混同しやすい疾患
  2. 母児血液型不適合溶血病の食事、食事療法、母児血液型不適合溶血病の食事は何がいいですか
  3. 母児血液型不適合溶血症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  4. 母児血液型不適合溶血症の合併症、母児血液型不適合溶血症はどんな病気を引き起こすのか
  5. 母児血液型不適合溶血症の症状、母児血液型不適合溶血症の早期症状、バイタルサイン

お問い合わせ