毛包角化症の検査、毛包角化症の诊断

毛包角化症の検査、毛包角化症の诊断

  • 2021-09-02 06:54:06
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 毛包角化症の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 毛包角化病の診断・鑑別-毛包角化病混同しやすい疾患

毛包角化症の一般的検査

名前をチェック検査部位検査课けんささよう
皮肤损伤皮肤皮肤病保健科疼痛皮肤损伤は多种多様な皮肤に対して...
胸部レントゲン胸部----胸部写真の适応...
肺障害、X线検査で结节状阴影とびまん性肺线维化を认めた。

组织病理:基本変化は角化不良であり、特徴は:

1.円体、谷粒が出现した。

2.基层の上に棘层の解离が発生し、裂け目や陥窝が形成される。

3.绒毛(単层の基底细胞で囲まれた真皮乳头)が小规则的に上に突き出ている。

4.表皮に乳头肿合并増生、棘层増厚、角化过剰及び毛包口角栓が见られ、真皮内に慢性炎症浸润があった。

円体は粒层或いは角层に见られ、その中心は固缩した细胞核或いは角化不良物质(大きくて丸くて、均一な好アルカリ性を呈する)であり、周囲は透光性のハローで、ハローの周囲に好アルカリ性角化不良物质が外殻のように见える。谷粒は角层と陥窝に见られ、细胞质は极めて少なく、外形は不明了で、核は固缩伸长し、好アルカリ性に染色されることが多い。小窝は小裂け目様の表皮内水疱であり、通常基层の上に位置し、その中でラチェット解离细胞が部分的に早期に角化する。

  1. 毛包角化症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 毛包角化症の症状、毛包角化症の初期症状、徴候
  3. 毛包角化症の原因、毛包角化症にはどのような原因がありますか
  4. 毛包角化症の合併症、毛包角化症はどんな病気を引き起こすのか
  5. 毛包角化症を予防するにはどうすればよいか、毛包角化症のケア策

お問い合わせ