毛様体メラノーマの症状、毛様体メラノーマの初期症状、徴候

毛様体メラノーマの症状、毛様体メラノーマの初期症状、徴候

  • 2021-08-16 02:20:51
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 毛様体メラノーマの紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 毛様体メラノーマの合併症、毛様体メラノーマがどのような病気を引き起こすか

毛様体メラノーマ症状

一般的な症状:黒子、リンパ節の腫れ、膣からの排液による黒水洋性皮膚悪性黒色腫の臨床症状、出血、かゆみ、圧痛、潰瘍などを含め、一般的にメラノーマの症状は発病年齢と関連しており、若い患者はかゆみ、皮膚損傷の色の変化と限界の拡大、高齢患者は皮膚損傷に潰瘍が現れ、予後不良を示唆する

関連症状:赤目眼痛視力障害

毛様体メラノーマ症状の診断

現象:

1.腫瘍は比較的小さい時、一般的に何の症状もなく、通常の眼部検査でも発見しにくい。腫瘍が増大する時、眼前の黒い影が遮ることがある。腫瘍は水晶体を圧迫し、屈折状態の変化を引き起こすことができ、重症者は水晶体の脱臼或いは混濁を引き起こすことができ、視力は明らかに低下する。虹彩角膜角に腫瘍が侵犯し、二次緑内障が出現し、目の赤み、目の痛みの症状がある。

2.毛様体メラノーマに該当する領域の強膜は充血し、血管は拡張し、一部に太く迂曲した血管を認めた。虹彩角膜角と虹彩に及ぶ場合、黒い腫れ物が見られる。腫瘍は虹彩を押し、腫瘍のある区域の虹彩は隆起し、前房は浅くなった。腫瘍は水晶体を押して、水晶体の移動、あるいは限局性混濁、甚だしきに至っては完全に混濁することができる。瞳孔を散大した後、細隙灯顕微鏡検査で虹彩後の腫瘍を直接観察することができ、多くは大小不同、表面平滑な黒色の腫瘍である。腫瘍は毛様上皮を侵害し、眼圧を低下させる。虹彩角膜角小梁網の侵犯は緑内障を続発することがある。腫瘍が壊死を発生する時、前房に色素の遊離と沈着があり、前房の血積、硝子体の混濁、硝子体積血、滲出性網膜剥離などもある。一部の毛様体メラノーマはびまん性成長を呈し、毛様体全体に波及し、このタイプは網膜剥離と眼外蔓延を早期に発生し、予後が悪い。一部毛様体黒色腫はびまん性の成長を呈し、毛様体区全体の不規則な肥厚と表現され、環状黒色腫(ring melanoma)と呼ばれる。腫瘍相応部位の表層強膜血管拡張と病巣状色素沈着は通常毛様体黒色腫の重要な特徴である。

3.毛様体メラノーマは早期に部位隠蔽のため、腫瘍は比較的に小さく、一般的に臨床症状がなく、早期発見しにくく、よく見落とし、誤診される。細隙灯顕微鏡検査で部分区域の虹彩膨隆、前房が浅くなる或いは水晶体の転位、原因不明の水晶体の混濁などの徴候を発見した時、本症を警戒すべきである。

  1. 毛様体メラノーマを予防する方法毛様体メラノーマのケア策
  2. 毛様体メラノーマの原因、毛様体メラノーマにはどのような原因があるのか
  3. 毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法
  4. 毛様体黒色腫の検査、毛様体黒色腫の診断
  5. 毛様体メラノーマのケア−ケアの注意点−食事の禁忌

お問い合わせ