毛様体メラノーマの診断と鑑別−毛様体メラノーマ混同しやすい疾患−

毛様体メラノーマの診断と鑑別−毛様体メラノーマ混同しやすい疾患−

  • 2021-08-16 02:21:57
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法
  2. 毛様体メラノーマのケア−ケアの注意点−食事の禁忌

混同しやすい疾患:毛様体メラノーマ

毛様体メラノーマの鑑別診断

1.毛様体嚢胞:

表面は滑らかで、進行性の成長はなかった。UBMチェックを使用すると、明確に診断できます。

2.毛様体メラノーマ:

毛様体メラノーマは良性腫瘍であり、臨床では毛様体メラノーマと鑑別できない。黒色細胞腫の一般的な外観は濃い黒色を呈するのがその特徴である以外、組織病理学による鑑別が必要である。主な区別点はメラノーマは主に体積が比較的に大きい、円形或いは多角形のメラニン細胞から構成され、細胞の大きさは均一で、腫瘍細胞は大量の濃密なメラニン顆粒を含み、細胞核は小さく、円形を呈し、細胞異型性及び病理核分裂像がない。

3.毛様体腺腫:

毛様体無色素上皮腺腫は境界明瞭、表面平滑、淡いピンク色、無色素、増生毛様体無色素上皮細胞が腫瘍を構成する主要成分である。上皮増殖は不規則な条索様或いは巣状構造を形成し、細胞質は淡色で染色され、細胞間に比較的に多くの粉染を呈し、構造のない基底膜様物が見られる。

4.毛様体神経線維腫

末梢神経線維増生、境界明晰、表面平滑、磁器白色、無色素、組織緻密。UBM検査による病変内のエコーは均一で、エコーは強い。

5.その他の毛様体腫瘍:

例えば毛様体血管腫、毛様体平滑筋腫、毛様体転移性腫瘍などはすべて組織病理学的検査により鑑別する必要がある。

  1. 毛様体メラノーマを予防する方法毛様体メラノーマのケア策
  2. 毛様体メラノーマの紹介−症状−治療−ケア−食事
  3. 毛様体メラノーマの症状、毛様体メラノーマの初期症状、徴候
  4. 毛様体メラノーマの原因、毛様体メラノーマにはどのような原因があるのか
  5. 毛様体メラノーマの合併症、毛様体メラノーマがどのような病気を引き起こすか

お問い合わせ