毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法

毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法

  • 2021-08-16 02:22:15
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 毛様体メラノーマを予防する方法毛様体メラノーマのケア策
  2. 毛様体黒色腫の検査、毛様体黒色腫の診断

毛様体メラノーマの診療知識

受診科:眼科腫瘍科治療費用:市三病院約10000-50000治癒率:治療周期:治療方法:手術治療、放射線治療毛様体メラノーマの一般的治療法

毛様体メラノーマの西洋医学的治療

毛様体腫瘍はその独特な解剖位置のため、臨床検査と確定診断は困難である。臨床上に腫瘍の部位の確定、腫瘍物の可能な組織由来の判断、病理類型と必要な鑑別診断は腫瘍の治療方案、手術方法、予後の評価に対して重要な価値がある。毛様体に原発する腫瘍は悪性黒色腫や黒色細胞腫が多く、褐色や褐色を呈することが多いと考えられてきた。ある人は52例毛様体腫瘍の組織標本をまとめ、病理検査により57.7%が良性病変、43.3%が悪性腫瘍であることを証明した。その中、毛様体神経上皮由来及び神経源性腫瘍の発生率は38.5%に達し、第一位を占めた。毛様体悪性黒色腫は26.9%で2位であった。毛様体メラノーマは17.3%で第3位であった。したがって、毛様体腫瘍に対して容易に眼球摘出術を行うべきではない。

1.局所切除術:多くは局所板層強膜毛様体切除術式を用いた。

1)適応症:①毛様体または虹彩毛様体の良性腫瘍;②毛様体または虹彩の悪性腫瘍、大きさは4〜5時間を超えない、眼部および全身転移の表現がなく、他の系統の悪性腫瘍もない;③術眼はまだ一定の視力がある。

2.強膜表面貼り付け放射線療法:腫瘍があまり大きくない、高齢の患者、単眼の患者、または手術の恐怖のある人は、強膜表面貼り付け放射線療法を選択することができます。

3.眼球摘出術:腫瘍の大きさが5時間を超えている、またはびまん性腫瘍が毛様体全体を侵している、または患眼がすでに視力がなく、年齢が高く、体の状態がよくない者は、眼球摘出術を行うべきである。

4.眼窩内容摘出術:腫瘍はすでに眼外に蔓延し、或いは眼球摘出術後に眼窩内腫瘍が再発した者は眼窩内容摘出術を行う。

  1. 毛様体メラノーマのケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 毛様体メラノーマの原因、毛様体メラノーマにはどのような原因があるのか
  3. 毛様体メラノーマの合併症、毛様体メラノーマがどのような病気を引き起こすか
  4. 毛様体メラノーマの症状、毛様体メラノーマの初期症状、徴候
  5. 毛様体メラノーマの紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ