毛様体黒色腫の検査、毛様体黒色腫の診断

毛様体黒色腫の検査、毛様体黒色腫の診断

  • 2021-08-16 02:22:33
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 毛様体メラノーマの合併症、毛様体メラノーマがどのような病気を引き起こすか
  2. 毛様体メラノーマの診断と鑑別−毛様体メラノーマ混同しやすい疾患−

毛様体メラノーマの一般的な検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
強膜透視眼科外科保健科リハビリテーション医学科強膜の透視が鏡に写っている...
MRI全身放射線科腫瘍MRIは...
毛様体メラノーマ検査

1.常規の検査方法以外に、超音波生物顕微鏡は毛様体及び虹彩腫瘍の早期診断に重要な価値がある。UBMは超高周波数(50~100MHz)の超音波を用いて眼前部の組織構造を顕微鏡検査に類似した新しい画像検査法である、その特徴は鮮明で解像度が高く、角膜、前房、水晶体、房角、毛様体などの組織構造を鮮明に表示できることで、特に際立っているのは後房の構造を鮮明に表示できることで、これまで生体組織上で後房の状況を詳細に検査できなかった欠点を補っている。前眼部腫瘍の診断には独特の特徴があり、病変の厚さを測定し、腫瘍の範囲を決定し、病変の大きさの変化を観察することができ、フォローアップのための定量的な方法を提供する。UBMは、毛様体腫瘍の早期に、通常の検査方法では表示できない前に、明瞭に表示できる。眼前腫瘍の鑑別診断にも重要な価値があり、虹彩腫瘍か、虹彩角膜角部虹彩に及ぶ原発性毛様体腫瘍かを区別する最適な方法である。そのため、UBMはすでに毛様体腫瘍の臨床診断、鑑別診断、治療の選択、フォローアップなどの方面の重要な手段になっている。

2.毛様体腫瘍のUBM表現:①病変境界明晰、毛様体限局隆起増厚、形態半球形或いはキノコ形;②病変内エコーは不均一であり、近球壁エコーは強く、遠球壁エコーは弱く、一部に斑点状の高エコー群が見られた。一部の病例は病変内に円形無エコー区が見られ、病変内の血管である;③一部の病変の辺縁に虹彩嚢腫を伴う;④続発性変化:虹彩形態変化および脈絡膜上腔漏出;⑤脈絡膜凹陥とくりぬき現象がなかった。中国人の毛様体腫瘍の発生率は比較的に低いため、現在の条件下では病変の大きさ、病変と周辺組織との関係などを観察するだけであり、毛様体腫瘍の良、悪に対して比較的に正確なUBM診断をすることができない。高さ5mmを超える腫瘍は大きさを測定できず、通常の超音波検査を組み合わせる必要がある。

3.カラー超音波ドップラー及び超音波検査と強膜透視検査を結合し、MRI検査は本症の診断に有利である。MRIは、T1が高信号に重み付けされ、T2が低信号に重み付けされていることを示す。 【小于】 /p>

  1. 毛様体メラノーマのケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 毛様体メラノーマの原因、毛様体メラノーマにはどのような原因があるのか
  3. 毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法毛様体メラノーマの治療法
  4. 毛様体メラノーマの症状、毛様体メラノーマの初期症状、徴候
  5. 毛様体メラノーマの紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ