気圧外傷性中耳炎の食事、食事療法、気圧外傷性中耳炎は何を食べればいいのか

気圧外傷性中耳炎の食事、食事療法、気圧外傷性中耳炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 00:40:43
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 気圧外傷性中耳炎の症状、気圧外傷性中耳炎の早期症状、バイタルサイン
  2. 気圧外傷性中耳炎の合併症、気圧外傷性中耳炎はどんな病気を引き起こすのか

気圧外傷性中耳炎の飲食は禁物

適切な食事:1、多くの鉄、亜鉛の豊富な食品を食べるべきです;、2、多くのビタミン類の食品;、3、良質のたんぱく質を豊富に含む食品をよく補充する。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
紫キャベツ大量のセルロースを含んで、胃腸の機能を強化して、腸の蠕動を促進して、コレステロールを下げることができます。炒め物でいいです。
オイルフィッシュビタミンとカルシウム、鉄、たんぱく質、脂肪、ビタミンA、VB1、VB2などの栄養素を多く含んでいます。炒め物でもしゃぶしゃぶでもかまいません。
にんじんのピューレ小人参と呼ばれ、カロテンが豊富で、免疫力を増強し、抗がん防病することができる。炒めても、焼いても、煮込んでも、煮てもいいです。
なすなどナスは栄養が豊富で、たんぱく質、炭水化物、ビタミン及びカルシウムなどの栄養成分を含んでいて、血圧を安定させる効果があります。また、血管の抵抗力を高めて、血管の破裂を防ぐ効果があります。生でも炒めてもいいです。
食事の禁忌:1、辛い刺激食品を食べる;、2、高脂肪食を避ける。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
濃い茶と強い酒神経を刺激し、不眠症を起こしやすい、過度の飲酒は血圧と血中脂質を上昇させ、過度の飲酒は心脳血管の発病率を上昇させることができる。薄茶を飲む、酒を飲むのは毎日白酒1両かワイン2両かビール1本です。
喫煙肺疾患、心血管などの様々な病気を引き起こします。できるだけたばこをやめなさい。
タマネギ長食は肝腎を損傷する。耳鳴りが激しいときはできるだけ食べるのを控える。
漬物長食は肝腎を損傷する。耳鳴りが激しいときはできるだけ食べるのを控える。
ピーマン食べ過ぎると人体の血管が詰まったり、硬化したりしやすくなります。食べる前に、燃料を消費します。
気圧外傷性中耳炎の食事の原則

1、食事療法:

1)脾虚、腎虚の慢性患者には、健脾補腎の品、例えば淮山、レンズ豆、クイニン、党参、杞子、杜仲、ケンジツ、クルミ、栗、黒豆、豚羊腎、犬背骨、スッポンなどを多く用いることができる。

2)急性患者はネギ、ニンニク、エビ、カニを避け、卵類及びその他の毒邪を引き起こす食物を控えた。慢性患者は脂っこい、冷たくて冷たいものを食べすぎてはならない。

慢性化膿性中耳炎の弁証的食事療法−腎陰虚型−

[臨床表現]耳内膿液色白或いは黄密、聴力低下、腰膝酸軟、眩暈、耳鳴り、多夢、口苦咽乾、潮熱、舌紅無苔、脈細数。

  1. 気圧外傷性中耳炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 気圧外傷性中耳炎の原因、気圧外傷性中耳炎にはどのような原因があるのか
  3. 気圧外傷性中耳炎の検査、気圧外傷性中耳炎の診断
  4. 気圧外傷性中耳炎の治療法、気圧外傷性中耳炎の治療法、気圧外傷性中耳炎の薬
  5. 気圧外傷性中耳炎の紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ