水晶体膨張による緑内障の紹介−症状−治療−ケア−食事

水晶体膨張による緑内障の紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-08-16 02:39:52
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. レンズの膨張による緑内障の症状、レンズの膨張による緑内障の初期症状、徴候
  2. 水晶体の膨張による緑内障の合併症、水晶体の膨張による緑内障はどんな病気を引き起こすのか

水晶体膨張による緑内障の概要

水晶体膨潤による緑内障すなわち腫脹白内障による緑内障(glaucoma associated with intumescent cataract)は老年性白内障の膨潤期あるいは水晶体外傷後の混濁腫脹時に発生する緑内障を指す。原発性閉塞角緑内障患者の発病機序は水晶体と密接な関係があり、このような患者の眼前節は比較的に小さく、前房の深さは比較的に浅く、房角は比較的に狭い。年齢の増加に伴い、水晶体の前後径は次第に増加し、そのため虹彩瞳孔縁と水晶体の前嚢膜の間の隙間はますます狭くなり、甚だしきに至ってはよく接触が発生し、房水が瞳孔区を通過する流通はある程度の制限を受ける。一定の条件の下で、例えば暗室の滞在が長く、精神要素、薬物などの作用の下で、瞳孔の中度散大をさせて、完全な瞳孔ブロックを発生して、後房の圧力が上昇して、周辺の虹彩が隆起して、そして小梁網とくっついて、房角ブロックを発生して、眼圧の上昇を引き起こすことができる。同様の道理で、上述の解剖、生理特徴を持たない患者の中で、単純に水晶体の腫脹による瞳孔区の虹彩と後方水晶体の密着による眼圧の上昇を招くことができる。

,

水晶体の膨張による緑内障の基礎知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:白内障膨脹期二次性緑内障,膨脹期白内障による緑内障
  • 発症部位:眼
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多数発生者:すべての人々
  • 関連症状:緑盲緑弱眼痛瞳孔異常瞳孔両側不同
  • 合併疾患:外傷性白内障

  1. 水晶体の膨張による緑内障の病因水晶体の膨張による緑内障にはどのような原因があるのか
  2. 水晶体の膨張による緑内障を防ぐにはどうすればよいか、水晶体の膨張による緑内障のケア策
  3. 水晶体膨張による緑内障のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  4. 水晶体膨張による緑内障の診断・鑑別-水晶体膨張による緑内障の紛らわしい疾患
  5. 水晶体膨張による緑内障の食事・食事療法水晶体膨張による緑内障は何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ