水晶体の膨張による緑内障の病因水晶体の膨張による緑内障にはどのような原因があるのか

水晶体の膨張による緑内障の病因水晶体の膨張による緑内障にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-16 02:40:42
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 水晶体膨張による緑内障のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 水晶体膨張による緑内障の紹介−症状−治療−ケア−食事

水晶体の膨張による緑内障の病因主な病因:水晶体に白内障が発生し膨張期に入ると体積が増大する

一、発病原因:

1.水晶体に白内障が発生して膨張期に入り体積が増加したことによる。白内障は、加齢によるものか、眼球挫傷または貫通傷の後に生じる外傷性白内障である。

二、発病メカニズム:

1.水晶体の腫脹体積が増大するため、前後径が増大し、水晶体の虹彩が前隔に移動し、前房が浅くなり、房角が狭くなって閉鎖に至る。一方、水晶体の前方移動により生理的瞳孔ブロックが増悪し、後房圧が前房より高くなり、膨隆した周辺部虹彩を前方に押し出し、周辺部虹彩を小梁面に密着させ、房角ブロックが発生して眼圧が上昇する。

  1. レンズの膨張による緑内障の症状、レンズの膨張による緑内障の初期症状、徴候
  2. 水晶体の膨張による緑内障の合併症、水晶体の膨張による緑内障はどんな病気を引き起こすのか
  3. 水晶体の膨張による緑内障を防ぐにはどうすればよいか、水晶体の膨張による緑内障のケア策
  4. 水晶体膨張による緑内障の診断・鑑別-水晶体膨張による緑内障の紛らわしい疾患
  5. 水晶体膨張による緑内障の食事・食事療法水晶体膨張による緑内障は何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ