水晶体膨脹による緑内障の治療方法,水晶体膨脹による緑内障の治療方法,水晶体膨脹による緑内障の治療薬

水晶体膨脹による緑内障の治療方法,水晶体膨脹による緑内障の治療方法,水晶体膨脹による緑内障の治療薬

  • 2021-08-16 02:42:06
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 水晶体の膨張による緑内障の合併症、水晶体の膨張による緑内障はどんな病気を引き起こすのか
  2. 水晶体膨張による緑内障の診断・鑑別-水晶体膨張による緑内障の紛らわしい疾患

水晶体膨張による緑内障の診療知識

受診科:眼科治療費用:市三甲病院約(10000--30000元)治癒率:治療周期:治療方法:漢方医薬物治療、西洋医薬物治療水晶体の膨張による緑内障の一般的な治療

一、治療:

1.まず、薬物治療で眼圧を下げるべきである。縮瞳剤により瞳孔が縮小した後、眼圧をコントロールすることができる。縮瞳剤は虹彩の張力を増加し、虹彩を中央区に引き寄せ、虹彩周辺部の前癒着を回避或いは減少し、手術治療及び術式の選択に良好な条件を創造する。一部の患者は縮瞳剤を使用した後に瞳孔ブロックを悪化させ、水晶体の腫脹により虹彩が前隔に移動し、前房がより浅くなる可能性がある。このような症例に対しては、できるだけ他の眼圧降下薬を用いて眼圧を下げるべきである。同時にβ受容体遮断薬、例えばチモロール、ベタゲンなどの薬物を使用して局所点眼することができる。重症例では、炭酸脱水酵素阻害剤と高張化剤を併用して眼圧をさらに低下させることができる。本症の根本的な治療原則は眼圧がコントロールされた後に手術を行うことである。

2.眼圧を正常レベルにコントロールしてから48h後、手術を行った方が良い効果があった。この期間に、眼部血管運動反応は基本的に正常に回復し、眼球は比較的安静状態にあり、術後反応は比較的に軽い。

3.腫脹期白内障二次緑内障の手術治療は、水晶体の混濁程度、病歴の長さ、眼圧のコントロール状況、虹彩角膜角の変化及び視力の要求などによって、それぞれ虹彩周辺部切除術、白内障摘出術又は白内障緑内障連合手術を採用しなければならず、同時に眼内レンズを植え込むこともできる。もし水晶体が完全に混濁しているあるいは完全に混濁しているならば、房角に器質的閉鎖が発生しない前に白内障摘出術を行うべきで、同時に眼内レンズ移植術を実行するべきで、病気の経過が比較的に長く、房角に広範な虹彩周辺の前癒着があるならば、白内障摘出と濾過性手術を連合して、あるいは眼内レンズ移植術を再連合して行うことができる。水晶体が完全に混濁していない場合、一定の視力があれば、虹彩周辺切除あるいはレーザー虹彩切除術を行うことができる。しかし、虹彩切除術後にも腫脹した水晶体が虹彩切開を閉塞して手術が失敗する可能性がある症例があるため、術後も患者を注意深く観察し、必要に応じて縮瞳薬や他の手術治療を行う必要がある。

二、予後:

1.早期手術による白内障摘出の効果は良好であった。

  1. レンズの膨張による緑内障の症状、レンズの膨張による緑内障の初期症状、徴候
  2. 水晶体の膨張による緑内障の病因水晶体の膨張による緑内障にはどのような原因があるのか
  3. 水晶体の膨張による緑内障を防ぐにはどうすればよいか、水晶体の膨張による緑内障のケア策
  4. 水晶体膨張による緑内障のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  5. 水晶体膨張による緑内障の紹介−症状−治療−ケア−食事
分類

お問い合わせ