水晶体膨張による緑内障の食事・食事療法水晶体膨張による緑内障は何を食べればいいのか

水晶体膨張による緑内障の食事・食事療法水晶体膨張による緑内障は何を食べればいいのか

  • 2021-08-16 02:43:16
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 水晶体膨張による緑内障の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 水晶体の膨張による緑内障の病因水晶体の膨張による緑内障にはどのような原因があるのか


水晶体の膨張による緑内障の食事は禁物

適度な食事:1.排便に役立つもの2.ビタミンEやB群のビタミンが豊富なもの3.水分や血圧を下げる作用があるもの
食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
はちみつハチミツは高浸透性食品で、血液の浸透圧と眼内房水の浸透圧を変化させて眼圧を下げることができる。急性緑内障ではハチミツを1日100ml、慢性緑内障では1日150mlを3回に分けて経口摂取できる。
トウガン利水食は、眼圧を下げるのに有利です。冷水でエビを入れて柔らかくなるまで煮込んで、冬瓜を入れて煮込んで、少し塩、鶏エキスで味をつけて茶わんに入れます。(調味料は近めに少なめに入れます)
とうもろこしセルロースが多く含まれており、脾臓を丈夫にし、便秘を防ぐ効果があります。カビで腐ったトウモロコシは発がん作用があるので食用に適さない
羊肉羊肉は血、肝臓の補い、明目の効果があり、産後貧血肺結核、夜盲、白内障、緑内障などの病気の治療によい効果がある。お湯が沸騰したら羊肉1キログラム、酢50グラムを加え、沸騰したらすくって水と調味料を加え直します。羊肉は独特な風味を持ち、芳醇な料理を作ることができる。
食事の禁忌:1、辛くて刺激的なものは禁物、2、カフェインを含むものは禁物、3、脂肪の多いものは禁物、4、大量の水は禁物。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
なまねぎ辛くて刺激的な食べ物は、神経血管の機能に影響を与えて緑内障を誘発する。緑内障は禁物にすることをお勧めします。
濃いお茶利尿の機能があるが、しばしば過度の興奮にあり、睡眠に影響を与え、眼圧上昇を引き起こす。濃いお茶やコーヒーなどは禁物です。
ラード脂肪分の多い食物。緑内障の食事はあっさり、栄養が必要です。
水晶体の膨張による緑内障の食事の原則

症状によって状況に応じた食事の要求があり、具体的に医師に聞き、具体的な病症に応じた食事の基準を定める。

  1. 水晶体の膨張による緑内障を防ぐにはどうすればよいか、水晶体の膨張による緑内障のケア策
  2. レンズの膨張による緑内障の症状、レンズの膨張による緑内障の初期症状、徴候
  3. 水晶体の膨張による緑内障の合併症、水晶体の膨張による緑内障はどんな病気を引き起こすのか
  4. 水晶体膨張による緑内障の診断・鑑別-水晶体膨張による緑内障の紛らわしい疾患
  5. 水晶体膨張による緑内障のケア−ケアの注意点−食事の禁忌

お問い合わせ