浅点状角膜炎の食事、食事療法、浅点状角膜炎は何を食べればいいのか

浅点状角膜炎の食事、食事療法、浅点状角膜炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 07:19:04
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 浅点状角膜炎の症状、浅点状角膜炎の初期症状、徴候
  2. 浅点状角膜炎の合併症、浅点状角膜炎はどんな病気を引き起こすのか

浅層点状角膜炎の飲食は禁物

飲食適当:1、あっさりした食べ物を食べて、野菜、果物をたくさん食べます。2、清熱作用のあるものを食べるのがよい。3、水をたくさん飲むこと。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
トマト含まれている「リコピン」には、細菌を抑制する働きがあり、リンゴ酸、クエン酸、糖類などが含まれ、カロテン、ビタミンC、ビタミンB、ビタミンB2、カルシウム、リン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、ヨウ素などが豊富に含まれています。病気の快復に資する。適量を生で食べる
にくぎく苦菜にはタンポポステロール、コリンなどの成分が含まれ、黄色ブドウ球菌耐性菌株、溶血性連鎖球菌に対して強い殺菌作用があり、肺炎双球菌、髄膜炎菌、ジフテリア菌、緑膿菌、赤痢菌などに対しても一定の殺傷作用がある。適量を生で食べる。
果物りんごにはビタミン、ミネラル、糖類、脂肪などが多く含まれているので健康によい果物です。1日に1~2個
食事のタブー:1、辛くて刺激的なものを避ける。2、脂っこいバーベキューは禁物。3、温かいものは避けます。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
唐辛子辛くて刺激性が強く、のぼせて重症化しやすい。コショウやネギ、ニンニクなども避ける。
白酒性温辛散は、病状を悪化させる可能性がある。飲用に適さない。
桂円温熱類の食品なので、食べないようにしなければならない。治ったら適量食べられる。
浅点状角膜炎の食事の原則

1、角膜炎はどんな食べ物を食べて体に良いですか?

1)ビタミンやセルロースを豊富に含む野菜や果物をよく食べるようにしてください。ビタミンCを含むものをたくさん食べなさい。ビタミンCは眼球水晶体を構成する成分の一つだからだ。ビタミンCが不足すると水晶体が濁る白内障にかかりやすくなります。ビタミンCが豊富な食品には各種の新鮮な野菜と果物があり、中でもピーマン、キュウリ、菜の花、白菜、ナツメ、ナシ、ミカンなどが最も含有されている。

2)豆類、豆製品、赤身肉、卵類などの高カロリー、高タンパク食品を多く食べ、角膜修復に役立てる。

3)角膜炎を予防するためにビタミンAを含む食品を多く食べることも目に良い。角膜炎でビタミンAが不足しているとき、目が黒くなる

暗い環境の適応能力が減退し、ひどいときは夜盲症になりやすい。また、毎日ビタミンAを十分に摂取することで、ドライアイの予防や治療にもなる。ビタミンAの最高の源は様々な動物の肝臓ですが、植物性の食物、例えばニンジン、アマランサス、ホウレンソウ、ニラ、ピーマン、紅芯サツマイモ、果物の中のみかん、杏、柿などです。

2、角膜炎はどのような食べ物を食べないほうがいいですか?

お酒は禁煙し、揚げ物、辛味、脂っこいもの、糖度の高いものは食べないようにしてください。

(以上の資料は参考までです。詳細は医師にお問い合わせください)

  1. 浅層点状角膜炎の原因、浅層点状角膜炎にはどのような原因があるのか
  2. 浅層点状角膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  3. 浅層点状角膜炎の診断と鑑別−浅層点状角膜炎の難易度の高い疾患−
  4. 浅点状角膜炎を防ぐにはどうすればよいか、浅点状角膜炎のケア策
  5. 浅層点状角膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌

お問い合わせ