浅層点状角膜炎の診断と鑑別−浅層点状角膜炎の難易度の高い疾患−

浅層点状角膜炎の診断と鑑別−浅層点状角膜炎の難易度の高い疾患−

  • 2021-08-15 07:17:42
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 点状角膜炎を防ぐにはどうすればよいか、点状角膜炎のケア策
  2. 浅層点状角膜炎の検査および浅層点状角膜炎の診断

一、鑑別診断

浅層点状角膜炎の鑑別方法:

1、赤目性角膜炎は瞳孔区の角膜上皮あるいは上皮下に点状に浸潤し、大きさが不均一であることが多い。

2、ブドウ球菌の角膜炎は慢性結膜炎によく合併し、角膜下1/3に集中する。針先の大きさの皮の点状びらんであり、極細の点状、楕円或いは円形を呈し、上皮より高い浸潤病巣である。

3、トラコーマ性角膜炎は角膜上端、トラコーマ血管翳末端の上皮及び上皮下浸潤、びらん及び浅い潰瘍に位置する。

4、単ほう性上皮型角膜炎の上皮下点状と線状浸潤はすぐに樹状に発展した。

5、表層点状角膜炎フルオレセイン染色は角膜瞳孔区に集束状の針先大の細点状上段着色があった。

  1. 浅層点状角膜炎の原因、浅層点状角膜炎にはどのような原因があるのか
  2. 浅層点状角膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  3. 点状角膜炎の合併症、点状角膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  4. 点状角膜炎の症状、点状角膜炎の初期症状、徴候
  5. 点状角膜炎の食事、食事療法、点状角膜炎は何を食べればいいのか

お問い合わせ