涙液分泌過多の原因、涙液分泌過多にはどのような原因があるのか

涙液分泌過多の原因、涙液分泌過多にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-15 04:01:34
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 涙が過剰に分泌される症状、涙が過剰に分泌される初期の症状、徴候
  2. 涙の分泌過多を防ぐにはどうすればいいか、涙の分泌過多のケア策

涙液分泌過多の病因主な病因:生理、神経、中枢性反射;薬物、涙腺病変など

一、病因

涙が過剰に分泌される原因には、さまざまなものがあります:

1、生理的反射:感情の衝動、嘔吐、咳、あくびのために涙液が過剰になることがある。

2、神経性反射:結膜あるいは角膜方面が化学的あるいは物理的刺激を受けるため、例えばほこりのような異物、刺激性気体、冷、熱、強い光などの刺激はすべて神経反射性涙を引き起こすことができる。また、鼻腔、副鼻腔、口腔粘膜の各方面が腐食性ガス、機械的要因などの刺激を受けると、三叉神経を介して反射性涙流を引き起こすことがある。

3、薬物性反応:カルバコール、ネオスチグミン、有機リン農薬などの強力な副交感神経刺激剤の使用により薬物性涙流反応を引き起こす。

4、涙腺自体の病変:例えば涙腺嚢腫、涙腺腫瘍及びMkulicy症候群の早期に涙現象があり、しかし涙腺炎の時は必ずしも涙が出ない。

5、中枢性反射:過度の精神興奮、例えばヒステリー患者涙を流すことが多いこの類で、新生児はまだこのような精神要素を創立していないため、生後数ヶ月泣く時涙がなくて、数ヶ月後に泣く時やっと涙を流すことができます。

6、症候性涙:一部の全身性疾患、例えば脊髄結膜充血涙(顔面神経核上病変或いは三叉神経刺激のため)、甲状腺機能亢進の早期涙もこの類の性質に属する。

  1. 涙が出すぎた食事、食事療法、涙が出すぎて何を食べればいいのか
  2. 涙液の分泌過多の合併症、涙液の分泌過多はどんな病気を引き起こすのか
  3. 涙液の過剰分泌の紹介−症状−治療−ケア−食事
  4. 涙液分泌過多のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  5. 涙液分泌過多の治療方法、涙液分泌過多の治療方法、涙液分泌過多の薬

お問い合わせ