涙液分泌過多の治療方法、涙液分泌過多の治療方法、涙液分泌過多の薬

涙液分泌過多の治療方法、涙液分泌過多の治療方法、涙液分泌過多の薬

  • 2021-08-15 04:02:37
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 涙液分泌過多検査、涙液分泌過多診断
  2. 涙が出すぎた食事、食事療法、涙が出すぎて何を食べればいいのか

涙液の過剰分泌の診療知識

受診科:眼科治療費:病院によって料金基準が一致せず、市三甲病院は約(1000-5000元)治愈率:治療周期:治療方法:中医薬物治療、西洋医学薬物治療涙液の過剰分泌一般治療

病因によって対症治療と処置を行い、病因を除去し、涙液の分泌をコントロールする。

1、涙を流す患者に

(1)薬物治療:強効安定薬、例えば奮乃静、眠爾通、利眠寧を服用し、成人は毎回2.5〜5mgを内服し、毎日3回服用する。

(2)情緒刺激を避け、目の炎症を治療し、反射性涙液の分泌を減らす。

(3)強い光刺激を避けるために色眼鏡を着用する。

(4)涙腺の排出口が電気焼きで閉鎖され、涙腺が萎縮するが、副作用に備えて慎重になる。

2、涙をこぼした人への

(1)涙点の位置が異常で、電気で焼灼し、正常に反転させることができる。涙小管閉塞者は穿通挿管術を用い、挿管保存期間は15ケ月、定期的に涙道を洗浄し、2%メチルセルロース溶液を注入した。涙道が広く閉塞している者は金属挿管を用いて涙阜から挿入し、涙嚢区の涙管を経て下鼻道に入る。

(2)薬物治療:涙道感染性炎症は抗生物質点眼剤による点眼或いは涙道洗浄を行い、全身にペニシリンとストレプトマイシンを応用し、必要な時にコルチコステロイドを配合する。

  1. 涙液の過剰分泌の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 涙が過剰に分泌される症状、涙が過剰に分泌される初期の症状、徴候
  3. 涙液分泌過多の原因、涙液分泌過多にはどのような原因があるのか
  4. 涙液の分泌過多の合併症、涙液の分泌過多はどんな病気を引き起こすのか
  5. 涙の分泌過多を防ぐにはどうすればいいか、涙の分泌過多のケア策
分類

お問い合わせ