淋菌性咽头炎受诊の手引き?淋菌性咽头炎?

淋菌性咽头炎受诊の手引き?淋菌性咽头炎?

  • 2021-09-02 09:58:56
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 淋菌性咽頭炎の治療方法、淋菌性咽頭炎の治療方法、淋菌性咽頭炎の薬
  2. 淋菌性咽頭炎の症状、淋菌性咽頭炎の早期症状、バイタルサイン
淋菌性咽头炎受诊罗针盘は淋菌性咽头炎の患者が病院を受诊する时に现れる疑问に答えて、例えば:淋菌性咽头炎は何科の番号をかけますか?淋菌性咽头炎検査前の注意事项は?医者は普通何を闻きますか。淋菌性咽头炎はどのような検査をしますか?淋菌性咽头炎の検査结果はどう见ますか。待ってくれ。淋菌性咽头炎の受诊ガイドラインは淋菌性咽头炎患者の受诊を便利にし、淋菌性咽头炎患者の受诊时の疑惑问题を解决することを目的とする。
典型的な症状
咽下异常、咽头痛、灼热、咽下困难
诊疗科の受诊を勧める
性病科
最适な受诊时间
特别なことはありません、できるだけ早く受诊してください
诊察期间が长い
初诊は1日、再诊は半日ずつ予约する
再诊频度/诊疗期间
外来治疗:毎周の再诊から咽下まで不快感がなかった後、不调を伴う诊察を行った。
诊察前の准备
特别な要求はなく、注意して休む。
よくある问诊内容
1、受诊原因を记述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、咽下痛、咽头粘膜充血、扁桃体の赤肿などに伴う症状はありますか?
4、病院を受诊したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査の结果は何ですか。
5、治疗の様子はどうですか?
6、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検项目
1.スミア検査
患者の尿道分泌物あるいは子宫颈部分泌物を采取し、グラム染色を行い、多形核白血球内にグラム阴性双球菌を発见した。大量の脓性分泌物がある単纯淋菌性前尿道炎患者に対して、この方法の阳性率は90%前後であり、初歩的な诊断が可能である。
2.培养検査
淋菌培养は诊断の重要な里付けであり、培养法は症状が軽い或いは无症状の男性、女性患者に対して比较的に敏感な方法であり、培养阳性であれば确定诊断できる。
しんだんきじゅん
咽头乾燥不快感、咽头部疼痛、灼热、咽下困难、咽下痛、咽头粘膜充血、扁桃体の発赤、咽头壁への脓性分泌物の付着を认めた。咽头分泌物の涂抹検査で阳性だった。咽头スミアでは、他のナイセリア属が咽头で正常な细菌丛であるため、グラム阴性双球菌は淋病を诊断できないことがわかった。また、症状が非典型的な涂抹标本阳性に対しては更なる検査を行うべきである。


  1. 淋菌性咽頭炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 淋菌性咽頭炎の原因、淋菌性咽頭炎はどのような原因がありますか
  3. 淋菌性咽頭炎の合併症、淋菌性咽頭炎はどんな病気を引き起こすのか
  4. 淋菌性咽頭炎の検査及び淋菌性咽頭炎の診断
  5. 淋菌性咽頭炎の紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ