淋菌性結膜炎の食事、食事療法、淋菌性結膜炎は何を食べればいいのか

淋菌性結膜炎の食事、食事療法、淋菌性結膜炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 00:37:14
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 淋菌性結膜炎の検査および淋菌性結膜炎の診断
  2. 淋菌性結膜炎の治療方法、淋菌性結膜炎の治療方法、淋菌性結膜炎の薬


淋菌性結膜炎の食事は禁物

食事の适当さ:1食物繊維類の食品を食べるべきである;、2、抗菌、消炎の食品を食べるべきです;、3人の免疫力を高める食品を食べるべきである。
食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
トウガントウガンは食物繊維類の食物であり、栄養素の吸収を促進し、人体の免疫力を増強し、抗病能力を高める作用があり、患者の身体の回復に有利である。1日200~300グラムが適当。
椿香椿は抗菌、抗炎症、殺菌、抗ウイルス作用を有する食物であり、炎症性疾患の患者に一定の補助的治療作用を有し、患者の回復に有利である。1日100〜200グラムが望ましい。
ミルク良質のたんぱく質栄養素と人体に必要な多くのミネラル元素が豊富に含まれている牛乳は、人体の免疫力を高め、抗病力を高める作用があり、患者の回復に役立つ。1日当たり300〜500mlが好ましく、温かい飲み物が好ましい。
食事の禁忌:油を豊富に含む食べ物を食べること、クリーム、ラード、チキンオイルなど、2消化しにくい食べ物を食べるのは禁物、餅、ちまき、米もち、3塩漬けにしたものを食べるのは禁物です。塩辛卵、塩辛鶏、塩辛鴨など。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
クリームクリームは油脂分が多く含まれているので、細菌に栄養を与えやすく、炎症性細菌感染の原因となり、患者の症状を悪化させ、回復を妨げます。低脂肪のものを食べるのがよい。
ちまきちまきは消化しにくい食物であり、腸管の蠕動が遅くなり、腹部が膨満し、栄養素の吸収に影響を与え、患者の回復に不利である。消化のよいものを食べるのがよい。
塩漬け鶏塩鶏は塩漬けの食品であり、水やナトリウムが溜まりやすく、体が浮腫し、血液の循環に影響し、患者の体の回復に不利である。あっさりしていて消化吸収しやすいものを食べるのがよい。
  1. 淋菌性結膜炎の原因、淋菌性結膜炎にはどのような原因があるのか
  2. 淋菌性結膜炎の合併症、淋菌性結膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  3. 淋菌性結膜炎の症状、淋菌性結膜炎の早期症状、バイタルサイン
  4. 淋菌性結膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  5. 淋菌性結膜炎の診断・鑑別−淋菌性結膜炎の紛らわしい疾患

お問い合わせ