混合型慢性高山病の治療方法、混合型慢性高山病の治療方法、混合型慢性高山病の薬

混合型慢性高山病の治療方法、混合型慢性高山病の治療方法、混合型慢性高山病の薬

  • 2021-08-03 21:10:40
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 混合型慢性高山病の症状、混合型慢性高山病の早期症状、バイタルサイン
  2. 混合型慢性高山病の紹介−症状−治療−看護−食事

混合型慢性高山病の診療知識

受診科:呼吸器内科・心血管内科治療費:市三甲病院約3000-6000元治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療、一般支持療法混合型慢性高山病の一般治療

(1)治療

最も効果的な治療は、低高度や平野部への移動である。高原に留まる軽症患者に対して、休息と低流量酸素吸入は重要な治療措置であるが、重症者に右心不全が出現した場合、低酸素環境からの脱出を勧めるべきである。報告によると、患者が低海抜地区に移ってから3〜4ケ月後に臨床症状は明らかに改善され、ヘモグロビン、血球比容、血液粘度などは平原の正常値まで下がった。心電図右室肥厚は軽減し、肺動脈圧は低下し、循環血液容量は減少した。患者は平原で回復した後、再び高原に戻った時に症状が再現され、重症化する可能性がある。Winslowらは重篤な慢性高原病患者に血液交換治療を行った後、血流動力学と血酸素分圧は明らかに改善し、運動持久力は向上した。他の薬物療法は、基本的に高赤血球症や高心疾患と同じである。

(2)予後

慢性高山病で発生する出血性脳血管病は比較的稀であり、一旦発生すると症状が深刻であり、多くの予後不良である。

  1. 混合型慢性高山病の原因、混合型慢性高山病にはどのような原因があるのか
  2. 混合型慢性高山病の合併症、混合型慢性高山病はどんな病気を引き起こすのか
  3. 混合型慢性高山病を予防するにはどうすればよいか、混合型慢性高山病のケア対策
  4. 混合型慢性高山病の診断と鑑別−混合型慢性高山病混同しやすい疾患−
  5. 混合型慢性高山病の検査および混合型慢性高山病の診断

お問い合わせ