甲内型爪真菌症を予防するにはどうすればよいか、甲内型爪真菌症のケア対策

甲内型爪真菌症を予防するにはどうすればよいか、甲内型爪真菌症のケア対策

  • 2021-09-09 00:49:27
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 爪内型爪真菌症の症状、爪内型爪真菌症の早期症状、バイタルサイン
  2. 甲内型甲真菌症の合併症、甲内型甲真菌症がどんな病気を引き起こすのか

爪内型爪真菌症予防

人の群れの予防:爪水虫を予防するのは自分の感染源を取り除くことにあります。つまり、体の水虫、股の水虫、手の水虫と足の水虫を根治します。これは爪水虫を予防する最も積極的な予防対策です。爪白癬の人の予防は光皮白癬を参照してください。

個人の予防:

1.一次予防

(1)個人の衛生に注意し、こまめに手を洗い、足を洗い、指(足指)の爪を剪定する良好な衛生習慣を身につけなければならない。足の汗が多い人は通気性の良い靴を履き、足の乾燥を保つために足の粉を塗ったり、防カビ靴や靴下を履いたりすることができる。

(2)体股水虫又は手足水虫に罹患している者は、完全に完治するまで、交差感染を避けるため積極的に治療すべきである。

(3)足をこすったり、足をほじくる習慣をつけないでください。特に水虫の患者には、このようにしてください。

(4)手足の水虫の人には、指爪水虫の感染を防ぐため、30%氷酢酸溶を週に2~3回指爪に塗布します。

2.二級爪白癬の治療は、併発した手足の白癬と同時に、長期にわたり辛抱強く治療することが必要である。爪白癬の活動性真菌は爪の後端の奥に隠れており、一般的に塗った薬物は患部に到達しないため、治癒しにくい。その上の保持層(悪甲)を除去してから抗真菌薬を外用すれば、患部に薬が届きやすい。

(1)一般的に毎日快速刃で病気の爪を脆くなる部分を削り、削り、出血あるいは痛みを引き起こさないようにし、それから30%氷酢酸溶液あるいは5%ヨードチンキを塗って、少し痛みを感じるまで、薬が底に達したことを説明して、毎月1〜2回、連続数ヶ月間、病気の爪を取り除き、正常な新生爪が完全に成長するまで。

(2)10%氷酢液にも1日数回浸すことができるが、効果はやや遅い可能性がある。

(3)甲抜き療法①30%~40%尿素硬膏を病甲に貼り、4~5日ごとに交換すると、病甲は徐々に軟化し、甲板と甲床が分離し、抜きやすくなる。もし成功しなければ、繰り返し薬を使うことができる。②尿素硬膏の代わりにサリチル酸乳酸軟膏を使う。③局部麻酔下手術で甲を抜去し、必要な時にワセリンガーゼで傷口を包帯し、1週間後にまず3%サリチル酸軟膏を塗布し、その後徐々に高濃度に増加し、最後に複方安息香酸軟膏とヨードチンキを交互に塗布し、新しい甲が生えるまで。

  1. A内型A真菌症の原因、A内型A真菌症にはどのような原因があるのか
  2. A内型A真菌症の検査及びA内型A真菌症の診断方法
  3. A内型A真菌症をどのように診断・鑑別するか−A内型A真菌症が混同されやすい疾患−
  4. 爪内型爪真菌症のケア−ケア上の注意点−食事の禁忌
  5. 爪内型爪真菌症の紹介−症状−治療−ケア−食事−

お問い合わせ