特発性心室細動の治療法:特発性心室細動の治療法:特発性心室細動の治療法

特発性心室細動の治療法:特発性心室細動の治療法:特発性心室細動の治療法

  • 2021-08-03 13:43:47
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 特発性心室細動をどのように診断・鑑別するか−特発性心室細動が混同されやすい疾患−
  2. 特発性心室細動の症状、特発性心室細動の早期症状、バイタルサイン

特発性心室細動の診療知識

受診科:心血管内科治療費用:市三甲医院約(1000-5000元)治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療特発性心室細動の一般治療

一、治療

1.抗不整脈薬薬物治療効果に関する各著者の報告の差異は比較的に大きい。キニジン、プロピラミド、β遮断薬ソタロールなどを投与すると、プログラム電気刺激による持続性心室頻脈、心室細動を予防できることが報告されており、12〜93カ月のフォローアップで悪性不整脈は発生しなかった。しかし、無効あるいは服薬後しばらくの間に失神、突然死を起こし、心室細動を再発したという報告もある。治療効果は一様ではないが、一定の抗不整脈薬を服用することは依然として非常に重要な治療方法である。

2.心臓復律除細動器を植え込むICDを植え込んだ患者のフォローアップ中、75%の患者は心室細動を発生しなかった。従って、この病気は一度診断した後、できるだけ早くICDを植え込んで治療すべきである。

二、予後

心室粗動や細動は重度の不整脈であり、心性突然死では75〜90%が心室粗動や細動である。ごくわずかな心室粗動と細動は自ら終止することができる。心室粗動と心室細動の持続時間>4min後、神経系と重要臓器の変化は不可逆的な損害である。復律が成功しても、死亡率は高い。

  1. 特発性心室細動の合併症、特発性心室細動がどんな病気を引き起こすか
  2. 特発性心室細動の病因、特発性心室細動にはどのような原因があるのか
  3. 特発性心室細動検査、特発性心室細動診断
  4. 特発性心室細動の食事、食事療法、特発性心室細動は何を食べればいいのか
  5. 特発性心室細動を予防するにはどうすればよいか、特発性心室細動のケア策
分類

お問い合わせ