皮脂欠乏症の症状、皮脂欠乏症の初期症状、バイタルサイン

皮脂欠乏症の症状、皮脂欠乏症の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-09 01:00:49
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 皮脂欠乏症検査、皮脂欠乏症診断
  2. 皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法

皮脂欠乏症症状

典型的な症状:皮膚の乾燥、皮脂不足、かゆみなど

関連症状:皮膚乾燥栄養障害血虚

一、症状

限局性或いは広汎性皮膚は乾燥し、細かい裂け目があり、皮脂が不足し、常にかゆみがあり、糠状鱗屑が付着し、時々痛みがあり、冬は更にひどく、潮紅と炎症現象がない。掻き摩擦により、慢性あるいはコイン状湿疹様の苔様変化をきたし、鱗屑が増加して尋常型うろこ病のようになる。乾燥の最も顕著な部位は下腿と前腕伸展側であり、腕としわの部分は少ない。患者はよく陽性家族歴があり、双生児と女性の共同発生率は比較的に高く、遺伝的アレルギー素質のある者は特に顕著である。発病は児童に始まる。加齢に伴って持続的または重度になり、夏季には改善する。低湿度、空気の冷え、乾熱、送風などの環境変化は病状を悪化させることがある。

二、診断

以上の臨床表現により、一般的に診断は難しくない。汎発性皮脂欠乏症は、甲状腺疾患や腎臓病に関連している可能性がある。成人に尋常性うろこ病様皮疹が発生すると、リンパ腫の潜在性が示唆される。掻爬と摩擦による二次的な炎症変化。漢方医の病機及び弁証:本病は先天性不足、津損血虚或いは外感熱邪、或いは汗が多すぎ、津を傷つけて乾燥し、津血の内損、或いは汗下薬の誤用、津を傷つけてを失う、或いは栄養障害、或いは鬱血の内抵抗などの原因により、津血は皮膚を潤すことができなくて、乾燥して粗くて、枯れて栄えることができない。

  1. 皮脂欠乏症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 皮脂欠乏症の食事、食事療法、皮脂欠乏症は何を食べればいいのか
  3. 皮脂欠乏症の原因、皮脂欠乏症にはどのような原因があるのか
  4. 皮脂欠乏症の合併症、皮脂欠乏症はどんな病気を引き起こすのか
  5. 皮脂欠乏症を防ぐにはどうすればよいか、皮脂欠乏症のケア策
分類

お問い合わせ