皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法

皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法:皮脂欠乏症の治療法

  • 2021-09-09 01:01:52
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 皮脂欠乏症の原因、皮脂欠乏症にはどのような原因があるのか
  2. 皮脂欠乏症の症状、皮脂欠乏症の初期症状、バイタルサイン

皮脂欠乏症の診療知識

受診科:皮膚科治療費用:市三甲医院約(3000-5000元)治愈率:治療周期:治療方法:西洋医学薬物治療皮脂欠乏症の一般治療

一、治療

治療目的は、表皮水分バリアの回復、全身性疾患および皮膚病の積極的治療、職業性疾患の防護強化などであり、アルカリ性物質の使用は避け、肝油、ビタミンA、Eなどの内服である。低pHのワセリン、グリセリンなどの潤滑剤を局所的に使用することにより、ひびが目立つ場合に尿素、乳酸水中油型エマルションを外部に拭き取ることができる。慢性炎症や湿疹様変化がある場合には、局所的にコルチゾン製剤を一時的に使用し、痒みには抗ヒスタミン製剤を使用することができる。皮膚は、寒気や乾いた熱気にさらされないようにしなければならない。

二、予後

発病は児童に始まる。加齢に伴って持続的または重度になり、夏季には改善する。

皮脂欠乏症の弁証的治療

弁証薬:皮膚乾燥粗、口渇、大便秘結、舌乾燥無津、脈細渋、津損血乾燥、当帰丸、六味地黄丸を使用できる。喉が渇いていらして、舌の先が赤くなったら、瀉心湯を加えることができる。胃火上炎、歯肉腫脹痛、菌陳五苓散を加えた。例えば肝炎上炎、目赤渋痛、当帰竜ベラ丸など。

  1. 皮脂欠乏症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 皮脂欠乏症の食事、食事療法、皮脂欠乏症は何を食べればいいのか
  3. 皮脂欠乏症検査、皮脂欠乏症診断
  4. 皮脂欠乏症の合併症、皮脂欠乏症はどんな病気を引き起こすのか
  5. 皮脂欠乏症を防ぐにはどうすればよいか、皮脂欠乏症のケア策

お問い合わせ