皮肤嚢胞の症状、皮肤嚢胞の初期症状、徴候

皮肤嚢胞の症状、皮肤嚢胞の初期症状、徴候

  • 2021-09-02 06:43:51
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 皮膚嚢胞のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 皮膚嚢胞を予防するにはどうすればよいか、皮膚嚢胞のケア策

皮肤嚢胞症状

典型的症状:嚢胞形态の多くは円形で突出しており、皮肤表面は半円形である。一般的に真皮と皮下组织に位置することが多い。嚢壁に包まれているため、辺縁が滑らかで整然とし、周囲组织との癒着が少ないため、滑らかで弾力性と嚢性感があり、その表面皮肤は炎症がなく、正常な皮肤色を呈した。一般に発展には限界があり、无限に拡大して局所圧迫症状を引き起こすことはない。

関连症状:嚢胞嚢胞性肿块二次感染

一、症状

1、表皮嚢胞:真皮内に角质を含む嚢胞である。外伤で表皮を皮下に埋め込んだものである。その嚢胞壁は上皮构造であるが、基底细胞层は嚢壁外层である。角质层は嚢壁の内层であり、腔内に角质物が充満している。この病気は头皮、首及び尻、背中によく発生する。単発或いは多発、直径は数ミリから数センチまで様々で、ゆっくり増大し、质は硬く、嚢性感があり、基底は移动可能で、皮肤とよく癒着する。皮肤表面に皮脂腺嚢胞のような开口小孔がなく、痛みがなく、例えば圧迫部位に発生した时に圧迫性疼痛がある。続発感染があり、悪変の可能性があると记载されている。

2、皮様嚢肿:常に先天性病変であり、胚胎期に上皮が残留するため発生し、过误肿に属し、原位から逸脱した皮肤细胞原から构成される。嚢壁の表皮细胞以外に、汗腺、毛包及び皮脂腺などが含まれている。腔内には脱落した上皮细胞、皮脂などのアテロームのような物及び有毛が含まれている。

多くは限局性嚢様肿疡であり、幼児と青年期に発见され、ゆっくり成长し、体积が大きくなく、柔らかい円形或いは比较的硬い嚢性肿疡である。皮下に位置し、皮肤と癒着がなく、基底组织との癒着が非常に强く、推进しにくく、眼窝周囲、鼻根、後头部及び口底によく発生し、その次は四肢であり、胸背にも発病が见られ、长期的に成长すると癌化が発生する。

3、粉肿は皮脂腺嚢管口闭塞或いは狭窄による皮脂郁积形成を引き起こす。腔壁は上皮细胞で构成され、角化像はなく、嚢外は繊维结合组织であった。その中に充填された皮脂物は次第に半流动质状物质に分解され、大量のコレステロール结晶を含む。

二、诊断

多発性脂嚢肿、脂肪肿及び神経线维肿と监别すべきであり、病理により确定诊断できる。

  1. 皮膚嚢腫の食事、食事療法、皮膚嚢腫は何を食べたらいいですか
  2. 皮膚嚢腫の原因、皮膚嚢腫にはどのような原因があるのか
  3. 皮膚嚢胞の合併症、皮膚嚢胞はどんな病気を引き起こすのか
  4. 皮膚嚢腫の診断・鑑別-皮膚嚢腫は混同しやすい疾患
  5. 皮膚嚢腫の治療方法,皮膚嚢腫の治療方法,皮膚嚢腫の治療薬
分類

お問い合わせ