眼窩内線維組織細胞腫の紹介−症状−治療−ケア−食事

眼窩内線維組織細胞腫の紹介−症状−治療−ケア−食事

  • 2021-08-16 00:26:25
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 眼窩内線維組織細胞腫の診断と鑑別−眼窩内線維組織細胞腫の混同しやすい疾患−眼窩内線維組織細胞腫
  2. 眼窩内線維性組織細胞腫の検査および眼窩内線維性組織細胞腫の診断

眼窩内線維組織細胞腫の紹介

線維組織細胞腫(fibrous histiocytoma)は線維細胞と肥大した組織細胞から構成される腫瘍の一種である。過去の名称は比較的に多く、現在は繊維組織細胞腫と統一的に呼ばれている。多くは肢体の筋肉、筋膜、脂肪組織内に発生し、最近すでに眼窩内にもよく見られることが認識された。Jakobiecらは繊維組織細胞腫は成人眼窩内に最もよく見られる間葉腫瘍であると述べた。眼部では眼瞼、結膜、涙嚢と角膜縁などに発生することがあるが、眼窩内で最も多く見られる。本腫瘍は間葉腫瘍に分類されることが多いが、線維細胞成分が多いため、著者らも線維結合組織腫瘍として論じている。

,

眼窩内線維組織細胞腫の基礎知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:異型線維組織細胞腫,黄色線維腫,線維黄色腫症,渦状線維黄色腫
  • 発症部位:眼
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:中高年層
  • 関連症状:眼球が勝手に動けない視力障害眼痛視力障害眼球が勝手に動けない

  1. 眼窩内線維性細胞腫を予防するにはどうすればよいか、眼窩内線維性細胞腫のケア策
  2. 眼窩内線維細胞腫の症状、眼窩内線維細胞腫の初期症状、バイタルサイン
  3. 眼窩内線維細胞腫の食事、食事療法、眼窩内線維細胞腫は何を食べればいいのか
  4. 眼窩内線維組織細胞腫のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  5. 眼窩内線維細胞腫の合併症、眼窩内線維細胞腫がどんな病気を引き起こすか
分類

お問い合わせ