眼窩転移性腫瘍の紹介−症状−治療−看護−食事

眼窩転移性腫瘍の紹介−症状−治療−看護−食事

  • 2021-08-16 02:05:13
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 眼窩転移性腫瘍の病因、眼窩転移性腫瘍にはどのような原因があるのか
  2. 眼窩転移性腫瘍を予防する方法眼窩転移性腫瘍のケア策

眼窩転移性腫瘍の紹介

眼窩転移癌(orbital metastatic carcinoma)は重要な眼窩占拠性病変を代表する。その診断はよく患者に予後不良を提示するため、正確な診断と果断で有効な処理が要求される。成人と小児の間で転移がんはかなり明らかな違いがある:成人では、大部分の転移がんはがんであり、乳腺、肺、膀胱、胃腸管、腎臓、甲状腺とその他の器官の上皮構造から来ている;小児において、眼窩転移癌の多くは胚胎神経性腫瘍と肉腫である。従って、小児神経芽細胞腫、Ewing肉腫とWilms腫などは比較的に重要な診断考慮である。眼窩転移性腫瘍の原発位置は比較的に広く、ほとんどの部位の悪性腫瘍は眼窩に転移する可能性がある。原発部位の深い臓器では、まず目の症状とバイタルサインが現れることが多く、例えば肺癌と肝臓癌で眼科を受診する人は珍しくない。中、老年の眼部悪性腫瘍の患者には、全身検査、特に呼吸、消化と泌尿生殖器系の画像検査を詳細に行うべきであり、転移性腫瘍を除外するために非常に必要である。転移性腫瘍は直接涙腺、眼外筋と視神経を侵すことが多く、鑑別診断に困難をもたらす。

,

眼窩転移性腫瘍の基礎知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 発症部位:眼
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多数発生者:すべての人々
  • 関連症状:眼痛眼窩周囲水腫視力障害眼筋麻痺眼痛
  • 合併疾患:眼球陥入

  1. 眼窩転移性腫瘍のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 眼窩転移性腫瘍の合併症、眼窩転移性腫瘍がどんな病気を引き起こすか
  3. 眼窩転移性腫瘍の検査および眼窩転移性腫瘍の診断
  4. 眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療薬
  5. 眼窩転移性腫瘍の症状、眼窩転移性腫瘍の初期症状、徴候

お問い合わせ