眼窩転移性腫瘍の症状、眼窩転移性腫瘍の初期症状、徴候

眼窩転移性腫瘍の症状、眼窩転移性腫瘍の初期症状、徴候

  • 2021-08-16 02:05:29
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 眼窩転移性腫瘍の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 眼窩転移性腫瘍の合併症、眼窩転移性腫瘍がどんな病気を引き起こすか

眼窩転移性腫瘍症状

初期症状:眼痛眼窩周囲水腫視力障害眼筋麻痺

末期症状:眼窩画像学検査で病変範囲が比較的に大きく、骨破壊が明らかで、或いは多病巣性病変を発見できることが多い

関連症状:眼痛眼窩周囲水腫視力障害眼筋麻痺

一、バイタルサイン:

1.占位徴候:癌細胞は眼窩部に血行播種した後、絶えず分裂増殖し、腫瘍を形成し、それが眼球の赤道部に発生或いは蔓延した後、眼球突出を引き起こす。その発生と発展は良性腫瘍と同年齢グループの眼窩に原発する悪性腫瘍より速く、よく眼瞼と結膜の水腫を伴う。眼窩前部に位置する眼窩縁に腫瘍物を触知し、眼窩後部に位置する眼球回納は障害された。転移性腫瘍は眼窩組織の周辺部に多く発生し、眼球突出以外に片側に転移する。

2.浸潤徴候:転移性腫瘍は他の悪性腫瘍と同様に浸潤性成長を呈した。眼外筋及びその運動神経を侵犯し、臨床上複視及び眼球運動障害が出現する。視神経またはその供血血管を侵し、視力低下、視床浮腫または萎縮、眼窩脂肪浸潤による眼球突出を引き起こす。しかし例外もあり、例えば硬性乳癌は眼窩内脂肪を破壊することができ、往々にして眼球の内陥と固定を招き、眼球は後方へ移動できない。

3.炎症性徴候:腫瘍の急速な進展と豊富な血液供給のため、自発的な痛みや腫れ物の触痛、局所的な皮膚の充血、熱感、結膜の充血、高度な浮腫などの眼の炎症性徴候がしばしば見られる。腫瘍内壊死、出血波動感は膿瘍と誤診された。

4.眼周囲構造及び転移癌の眼徴候頭蓋内転移癌頭蓋圧上昇、頭痛、嘔吐と両側視盤浮腫。副鼻腔転移癌は眼窩内に蔓延し、鼻づまり、鼻、頬部は腫れ、痛み、眼球は前上方または前外側に突出する。脈絡膜転移がんは眼窩を侵犯し、視力が低下し、眼球が前方に突出する眼内腫瘍がある。

  1. 眼窩転移性腫瘍のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 眼窩転移性腫瘍の検査および眼窩転移性腫瘍の診断
  3. 眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療薬
  4. 眼窩転移性腫瘍の病因、眼窩転移性腫瘍にはどのような原因があるのか
  5. 眼窩転移性腫瘍の診断と鑑別−眼窩転移性腫瘍の混同しやすい疾患−

お問い合わせ