眼窩転移性腫瘍の診断と鑑別−眼窩転移性腫瘍の混同しやすい疾患−

眼窩転移性腫瘍の診断と鑑別−眼窩転移性腫瘍の混同しやすい疾患−

  • 2021-08-16 02:06:38
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療薬
  2. 眼窩転移性腫瘍のケア−ケアの注意点−食事の禁忌


主に原発性腫瘍に対して鑑別診断を行い、異なる手術方案を制定する。

眼窩原発性腫瘍、特に良性腫瘍の病歴は比較的に長く、発展は遅く、画像学検査は一般的に診断しやすい。眼窩原発性悪性腫瘍は涙腺上皮性腫瘍が最も多く見られ、臨床と画像学検査は比較的に特徴性がある。眼窩転移性腫瘍は一般的に病歴が短く、進展が速く、疼痛を合併し、眼窩画像学検査では病変範囲が比較的に大きく、骨破壊が明らかで、或いは多病巣性病変を発見することが多い。患者に全身悪性腫瘍の既往歴がある場合、まず眼窩転移性腫瘍を考慮すべきである。そのため、鑑別診断には病歴と患者の全身情況が特に重要である。

  1. 眼窩転移性腫瘍を予防する方法眼窩転移性腫瘍のケア策
  2. 眼窩転移性腫瘍の紹介−症状−治療−看護−食事
  3. 眼窩転移性腫瘍の症状、眼窩転移性腫瘍の初期症状、徴候
  4. 眼窩転移性腫瘍の病因、眼窩転移性腫瘍にはどのような原因があるのか
  5. 眼窩転移性腫瘍の合併症、眼窩転移性腫瘍がどんな病気を引き起こすか
分類

お問い合わせ