眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療薬

眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療薬

  • 2021-08-16 02:06:56
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 眼窩転移性腫瘍を予防する方法眼窩転移性腫瘍のケア策
  2. 眼窩転移性腫瘍の検査および眼窩転移性腫瘍の診断

眼窩転移性腫瘍の診療知識

受診科:眼科腫瘍科治療費用:市三病院約20000-50000元治癒率:治療周期:治療方法:化学治療、薬物治療眼窩転移性腫瘍の一般的な治療

一、治療

血行播種した腫瘍の多くはすでに末期に至り、根治は比較的に困難であり、原則的に化学治療により患者の生命を延長し、放射線治療により眼部病巣を治療し、苦痛を減少する。眼窩部腫瘍に対して放射線治療以外に、局部切除も可能であり、できる限り視機能を保留する。まぶたを縫合し、角膜を保護する。化学治療はシクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、メトトレキサート、プラチノイドなどの多種の薬物の連合応用を用いている。転移性肺癌には以下の順序で投与する:1日目、シクロホスファミド1000mg/m2、アドリアマイシン45mg/m2、エトポシド8mg/m2;2、3日目はエトポシド各8mg/m2。毎週あるいは2週間ごとに1コースとすると、比較的良い効果が得られる。生殖器転移がんはホルモン補助治療も可能であり、例えばプロゲステロンなどの前立腺がんは症状を緩和することができる。加速器60Coを眼窩部30〜60Gyに照射することにより、腫瘍が縮小し、眼球突出度、視力、複視症状が改善される。

二、予後

予後が悪い。

  1. 眼窩転移性腫瘍のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 眼窩転移性腫瘍の合併症、眼窩転移性腫瘍がどんな病気を引き起こすか
  3. 眼窩転移性腫瘍の病因、眼窩転移性腫瘍にはどのような原因があるのか
  4. 眼窩転移性腫瘍の症状、眼窩転移性腫瘍の初期症状、徴候
  5. 眼窩転移性腫瘍の紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ