眼窩転移性腫瘍の検査および眼窩転移性腫瘍の診断

眼窩転移性腫瘍の検査および眼窩転移性腫瘍の診断

  • 2021-08-16 02:07:18
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 眼窩転移性腫瘍の合併症、眼窩転移性腫瘍がどんな病気を引き起こすか
  2. 眼窩転移性腫瘍の診断と鑑別−眼窩転移性腫瘍の混同しやすい疾患−

眼窩転移性腫瘍の一般的な検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
CT造影法による強調スキャン全身心臓血管内科消化腎神経心胸脳外科肝胆泌尿器整形外科臓器移植手外科血管外科眼科鼻咽喉科腫瘍肝疾患造影CTスキャン...
虹彩検査方法眼科外科保健科リハビリテーション医学科虹彩、目の構造...
集光検査方法眼科外科保健科集光検査法は...
1.原発癌の実験検査、例えば腫瘍と関連する癌胚抗原(CEA)、前立腺PSA抗原など、放射免疫組織化学検査の技術も非常によく使われている。

2.病理学的検査臨床検査及び画像検査においても肯定的診断を提示できない場合、迅速な生検は必要であり、浅層病変は触知でき、皮膚切り口は標本を取得し、眼窩深部病変は画像誘導下で穿刺し、光学顕微鏡検査は多く信頼できる診断を得られ、必要な時に電子顕微鏡検査を応用し、組織の出所を確定し、放射免疫組織化学検査も常用の診断技術である。

3.X線検査による眼窩骨骨髄に転移した腫瘍あるいは眼窩壁を侵犯した腫瘍は溶骨変化が見られた。

4.超音波探査により、不規則な形状、低または中程度の内エコー、不均一または均一な分布、強い音響減衰の異常エコー領域、病変内壊死、出血領域は暗領域として表示される。

5.CTスキャンがより重要で、不規則な形の中密度の腫瘍や二次浮腫、浸潤による眼外を発見できる筋が肥大し、限局性の太りを呈することができる。形が不規則で、内直筋は他の眼外筋よりも疲れやすい、眼輪が厚くなり、浸潤性腫瘍の辺縁が不明瞭或いは結節状であり、均一或いは不均一に強化され、視神経が太くなり、眼窩骨が疲れるため、CTで骨溶解現象を発見でき、眼窩内転移癌はすべて頭蓋脳スキャンを行うべきであり、眼窩内構造と頭蓋内構造は同じく内頸動脈から供血し、しかも脳供血は更に豊富であり、転移癌を発生する可能性は更に大きい。

6.磁気共鳴画像は眼窩内と頭蓋内軟組織の識別力が更に高く、その腫瘍の発見と鑑別診断はCTより優れ、眼窩内腫瘍の形状は不規則で、T1WI中低信号、T2WI高信号。

7.放射性核種の全身シンチレーション撮影は眼科病の診断への応用はまだ大きくないが、転移性腫瘍の掲示に対して非常に重要であり、原発病と各部位に転移する病巣を発見することができるため、眼窩部病巣を含む。

  1. 眼窩転移性腫瘍のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  2. 眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療薬
  3. 眼窩転移性腫瘍の病因、眼窩転移性腫瘍にはどのような原因があるのか
  4. 眼窩転移性腫瘍の症状、眼窩転移性腫瘍の初期症状、徴候
  5. 眼窩転移性腫瘍の紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ