眼窩転移性腫瘍のケア−ケアの注意点−食事の禁忌

眼窩転移性腫瘍のケア−ケアの注意点−食事の禁忌

  • 2021-08-16 02:07:33
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 眼窩転移性腫瘍の病因、眼窩転移性腫瘍にはどのような原因があるのか
  2. 眼窩転移性腫瘍を予防する方法眼窩転移性腫瘍のケア策


眼窩転移性腫瘍の一般的なケア

眼窩転移癌の原発部位の症状と徴候は常に無視され、重視すべきである。乳癌は眼窩によく見られる転移性腫瘍の一つであり、この腫瘍は血路を通じて眼窩に転移する。原発発症から1年後に眼窩転移が見られ、約20%の病例に両側眼窩転移が見られた。この病気は40〜60歳の女性に多く見られ、乳腺に腫塊が認められ、乳頭が陥没し、局部の皮膚は橘皮様を呈している。一般的に乳癌手術切除歴あるいは乳癌治療歴がある。気管支肺癌の眼窩転移原発部位の症状はよく咳、喀血、息苦しさ、胸痛がある。乳癌とは異なり、眼窩転移の半数は肺病変より早くまたは同時に発生し、主な症状は眼球突出であり、発生率は約80%であり、軸性または非軸性であり、腫瘍浸潤の異なる位置によって、上眼瞼下垂、眼瞼浮腫、眼筋麻痺、眼窩痛または三叉神経分布領域の感覚麻痺が出現することがある。一部の腫瘍の位置は前方であるため、約20%の病例は眼窩前部の腫瘍に触れることができ、眼窩部転移病巣は脈絡膜転移を合併し、視力喪失、網膜剥離或いは緑内障を表現することがある。前立腺がんは頻尿と進行性排尿障害を引き起こす。神経芽細胞腫は児童期に副腎髄質及び腹後壁の交感神経節に発生し、腹部に腫瘍物を触診し、これらの原発部位と眼窩部の病状とバイタルサインを関連させ、総合的に分析すべきである。

既往の癌腫瘍歴及び原発部位の病状は眼窩転移癌の診断に比較的に大きな助けがあり、画像による悪性腫瘍と提示できる。

  1. 眼窩転移性腫瘍の合併症、眼窩転移性腫瘍がどんな病気を引き起こすか
  2. 眼窩転移性腫瘍の検査および眼窩転移性腫瘍の診断
  3. 眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療方法、眼窩転移性腫瘍の治療薬
  4. 眼窩転移性腫瘍の症状、眼窩転移性腫瘍の初期症状、徴候
  5. 眼窩転移性腫瘍の紹介−症状−治療−看護−食事

お問い合わせ