眼窩髄膜腫の診断と鑑別-眼窩髄膜腫は紛らわしい疾患

眼窩髄膜腫の診断と鑑別-眼窩髄膜腫は紛らわしい疾患

  • 2021-08-15 04:12:13
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 眼窩髄膜腫の症状、眼窩髄膜腫の初期症状、バイタルサイン
  2. 眼窩髄膜腫の合併症、眼窩髄膜腫がどのような病気を引き起こすか

一、鑑別診断

視神経グリオーマ、視神経炎、視神経炎性偽腫瘍などと鑑別する必要がある。

1、視神経グリオーマとの鑑別点は:

1)好発年齢によりグリオーマは小児に多く発生する。

2)「軌道」徴候は髄膜腫の診断に有利である。

3)髄膜腫は髄膜に沿って広がり、グリオーマは視覚チャネルに沿って広がる。

4)髄膜腫は硬膜を侵犯し、辺縁が不規則であった。

5)髄膜腫は薄く鞘状を呈し、石灰化を認めた。

7)視神経管内髄膜腫は骨性視神経孔の拡大をきたすほか、近くの前床突起に至ることが多い。

  1. 眼窩脳膜腫の原因、眼窩脳膜腫の原因とは
  2. 眼窩脳膜腫治療方法眼窩脳膜腫治療方法眼窩脳膜腫
  3. 眼窩髄膜腫のケア−ケア上の注意点−食事禁忌
  4. 眼窩髄膜腫の検査、眼窩髄膜腫の診断
  5. 眼窩髄膜腫の紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ