眼窩髄膜腫のケア−ケア上の注意点−食事禁忌

眼窩髄膜腫のケア−ケア上の注意点−食事禁忌

  • 2021-08-15 04:12:58
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 眼窩髄膜腫の検査、眼窩髄膜腫の診断
  2. 眼窩髄膜腫の紹介−症状−治療−看護−食事

眼窩髄膜腫の一般的なケア

1、心のケア

悪性腫瘍患者は異なる程度の否認期、怒り期、妥協期、抑うつ期と受け入れ期などの一連の心理変化があり、密接に観察し、異なるケアと心理的支持を与える。

2、栄養ケア

患者が十分な栄養を摂取し、高蛋白、高ビタミン、高カロリー、消化しやすい食事をとることを奨励する。食欲が比較的に悪く、食事困難者に対して少量多食、少量残渣の少ない食事をし、必要な時に静脈高栄養支持を与える。放射線治療期間中に辛くて香ばしいなどの刺激性の食品、例えばコショウ、ネギ、ニンニク、ニラ、羊、鶏などを服用することは禁物である。

3、痛みのケア

患者の疼痛の部位、性質、持続時間と強度を注意して観察し、患者に異なる方法で疼痛をコントロールするよう指導し、疼痛コントロールしにくい者に対しては三段階の鎮痛方案に基づいて医師の指示に従って投薬することができる。

4、術後ケア

バイタルサインと病状の変化を注意してモニタリングし、ドレナージチューブ、切り口と皮膚の看護をしっかり行い、感染を予防する。術後禁忌症がなければ、1〜7日後に離床活動、すなわち早期離床活動が可能である。まずベッドの上で肢体運動と寝返り動作をすることができる。体調がよくなれば、少しずつ運動量を増やし、トレーニング内容を変えることもできる。

  1. 眼窩脳膜腫の原因、眼窩脳膜腫の原因とは
  2. 眼窩脳膜腫治療方法眼窩脳膜腫治療方法眼窩脳膜腫
  3. 眼窩髄膜腫の合併症、眼窩髄膜腫がどのような病気を引き起こすか
  4. 眼窩髄膜腫の症状、眼窩髄膜腫の初期症状、バイタルサイン
  5. 眼窩髄膜腫の診断と鑑別-眼窩髄膜腫は紛らわしい疾患
分類

お問い合わせ