·日語翻訳:「おねえさん」「おねえさん」「おねえさん」「おねえさん」

·日語翻訳:「おねえさん」「おねえさん」「おねえさん」「おねえさん」

  • 2021-09-09 00:53:47
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 硬化症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. どのような原因があるのか

硬化症の診療知識

受診科:皮膚科硬化症の一般治療

硬化症の西洋医学的治療法

硬化症の治療は基本的に:

病気の経過を変える:

現在インターフェロンinterferon、Glatiramer acetate、Mitoxantroneが最も一般的である。研究では、発作の頻度の減少、再発の期間の減少、核磁気共鳴画像上の病巣の延長、そして患者の生活の質の増進が期待されている。しかし、患者が使用する前に、DMTの投与は治癒ではなく発作を減少させることを理解しなければならない;またDMTにも副作用があり、例えばインターフェロンは風邪のような症状や白血球や肝機能に異常があるため、予防性解熱剤が用意されることが多い。

急性発作の治療:

ステロイドの抗炎症作用や抗浮腫作用は急性発作時の第一線の治療である。通常はメトプレドニゾロン1gを3日間静注するが、長期使用は推奨しない。

もし病状が持続していれば、交換療法(plasmapheresis)や免疫グロブリン(intravenous immunoglobulin;IVIG)注射も代替方法と考えられる。

  1. どうやって硬化症を予防するか、硬化症のケア策
  2. 硬化症の合併症や、硬化症がどのような病気を引き起こすのか
  3. 硬化症の検査、硬化症の診断
  4. 硬化症の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 硬化症の食事、食事療法、硬化症は何を食べればいいのか

お問い合わせ