硬化症の検査、硬化症の診断

硬化症の検査、硬化症の診断

  • 2021-09-09 00:54:13
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ·日語翻訳:「おねえさん」「おねえさん」「おねえさん」「おねえさん」
  2. 硬化症の紹介−症状−治療−看護−食事

一般的な硬化症検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
神経系免疫学的検査頭蓋血血管神経脳外科検査科神経系の感覚を...
腫瘍神経ポリペプチドレセプターのイメージング全身腫瘍腫瘍神経ポリペプチド...
硬化症検査

次のチェックを実行して、明確な診断を行います:

硬化症の診断を疑う場合には、実験室的な方法で診断を補助する必要がある。以下の方法が一般的に使用されています:

採血検査:

他の可能性を排除するために診断するが、采血の要件を一つ一つ挙げられないことが多い;全数検査もできない。そのため、病歴は気をつけて病歴を聞くことが、事実上重要である。

脳と脊髄のNMR:

新たな病巣を示す現像剤があることが望ましい。脊髄炎の患者では、脊髄MRIを完成させるのに、脳MRIを加える必要があるのかという意見は依然として一致していない。しかし、脳に定位した発作であれば、初回発作でも50−65%の患部でMRIが異常になっている。通常、T2−weighted画像は基本的な検査であり、注射現像剤は新しいT1−weighted病巣を示し急性発作を示す。

脳脊髄液:

主に免疫グロブリンとOCBの有無を検査する;血清アルブミンと免疫グロブリンを合わせて換算したIgG indexも計算した:高0.7であれば、脊髄内に免疫グロブリンが作られていることを示した。実際、脳脊髄液の炎症細胞や蛋白質は上昇しているが、炎症細胞が50/mm3、蛋白質が100mg/dl大きい場合は別の鑑別診断を考慮する必要がある。

誘発電位波:

体感覚誘発電位(somatosensory evoked potential;SSEP)は頸脊髄の病巣を検査する;視誘発電位波(visual evoker potential)VEP)は視神経の炎症を検査します;脳幹誘発電位波(auditary brainstem evoked potential)ABEP)は脳幹の病巣を検査する。

  1. どうやって硬化症を予防するか、硬化症のケア策
  2. どのような原因があるのか
  3. 硬化症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  4. 硬化症の合併症や、硬化症がどのような病気を引き起こすのか
  5. 硬化症の食事、食事療法、硬化症は何を食べればいいのか

お問い合わせ