硬化症の食事、食事療法、硬化症は何を食べればいいのか

硬化症の食事、食事療法、硬化症は何を食べればいいのか

  • 2021-09-09 00:54:50
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 硬化症の合併症や、硬化症がどのような病気を引き起こすのか
  2. 硬化症の検査、硬化症の診断

硬化症の食事原則

硬化症のための食事と健康管理

科学的な食事は個人の健康にとって極めて重要であり、MS患者も例外ではない。数年来、科学者たちはすでに人々の日常飲食とMSの発病が千々の関係があることを発見した。肉類を頻繁に摂取するほど、発症する確率が高くなる。魚の食べ物は病気にプラスの効果がある。生物化学の研究により、自己免疫系の反応の乱れを引き起こし、硬化性疾患を発生させるタンパク質「メッセンジャー物質」はすべて、多鎖飽和脂肪酸とアラキドン酸からなることが証明されている。これらの成分は感染症を引き起こすことができ、肉、卵黄、牛乳、チーズなどに多く含まれています。野菜類には含まれていません。野菜油に含まれるγ−リノール酸や魚油は炎症性因子の生成を抑制することができる。

魚や野菜を多く食べ、肉類を減らすことで、アラキドン酸の生成を減らすことができ、同時に炎症性物質の生成を減らすことができます。

  1. ·日語翻訳:「おねえさん」「おねえさん」「おねえさん」「おねえさん」
  2. どうやって硬化症を予防するか、硬化症のケア策
  3. どのような原因があるのか
  4. 硬化症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  5. 硬化症の紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ