硬化萎縮苔の症状、硬化萎縮苔の初期症状、バイタルサイン

硬化萎縮苔の症状、硬化萎縮苔の初期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-09 00:33:41
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 硬化萎縮コケの合併症、硬化萎縮コケがどんな病気を引き起こすのか
  2. 硬化萎縮コケの診断と鑑別−硬化萎縮コケの混同されやすい疾患−

硬化萎縮苔

初期症状皮膚病変は、円形または不規則な形、ピンク、明らかな赤色の縁を伴う、柔らかい質のインゲンマメ大小平頂丘疹である

末期症状:中央が萎縮して薄くなり、境界のはっきりした白色斑片に融合することができ、白斑の中央には大疱あるいは血疱ができることができ、大疱性損害が消退した後に比較的多くの粟丘疹を形成することができ、萎縮したところは微小くぼんだ瘢痕になることができる

関連症状:かゆみ丘疹黒頭にきび栓くぼみ瘢痕

一、症状

男女とも発病し、女性に好発し、男女の比は1:10であり、発病年齢は40〜50歳が多く、しかし児童発病者も見られる。皮膚の早期障害は自覚症状がなく、注意されないことが多い。初発損害はインゲン大小平頂丘疹であり、円形或いは不規則形、ピンク色、明らかな赤色の縁を伴い、質は柔らかく、以後次第に典型的な皮膚損傷に発展し、丘疹は磁器白色、象牙色を呈し、質は硬く、互いに融合して斑塊になることができ、境界ははっきりし、中央はくぼみ、黒頭にきびのような角栓が嵌まり、除去後は小坑状のくぼみを呈した。後期の皮膚損傷の中央は萎縮して薄くなり、境界がはっきりした白色斑片に融合することができ、白斑の中央には大疱或いは血疱が発生することができ、大疱性損害が消えた後に比較的に多い粟丘疹を形成することができ、萎縮したところは微陥凹の瘢痕になる。

皮膚損傷は体幹上部、例えば鎖骨上窩、胸部前区、腋窩、両乳房、臍周囲、前腕及び頚部によく発生し、外生殖器はもっと多く見られ、外陰に発生する者は50%〜75%を占める。

女性陰部に発生する者は、小陰唇、クリトリス、肛門周囲に多く見られ、時には大腿の内側まで伸び、女性陰部に単発することができ、同時に他の部位の皮膚損傷があり、損害は象牙色或いは蝋黄色の平らで堅固な丘疹であり、時には融合して片になり、表面角質が増殖し、そして角栓が見られる。時に紅潮、浸潤、びらん、小水疱が出現し、出血もある。末期に萎縮、白斑が発生し、萎縮面積が拡大し、尿道口が狭窄し、扁平上皮癌になる可能性がある。損傷部は掻痒が顕著であり、疼痛、性交困難、排尿困難、便秘もある。ある人はこの病気は女性陰性乾燥病(kraurosis valvae)と同じ疾患であり、女性陰性白色病変の一つの変形型であるかもしれないと考えている。男性外陰に発生する者は老年に多く見られ、大部分は包茎あるいは亀頭炎を患い、損害は女性に発生する者とほぼ同じである。皮膚損傷は包皮内側と亀頭によく発生し、角化性丘疹である。境界ははっきりしていて、表面は淡白で、羊皮紙のようなしわがあることができます。皮膚損傷は、陰茎、陰嚢、その他の部位にも生じることがある。損傷が深刻な者は尿道口狭窄、包皮帯硬化萎縮、甚だしきに至っては消失、包皮硬化は上反できない、あるいはびらんによる亀頭と癒着する。通常は痒みがなく、癌化がまれである。本症は閉塞性乾燥性亀頭炎(blanitis xerotiva obliterans)あるいは陰茎枯渇(kraurosi penis)と同一疾患と考えられている。病気の経過は緩慢で、常に何年も持続し、成人の損害は進行性を呈し、児童の損害は年齢の増加に伴って軽減する。月経初潮の時やその前に自ら消退するものもある。

二、診断

臨床表現により、組織病理を結合し、診断することができる。

  1. 硬化萎縮コケのケア−ケアの注意点−食のタブー
  2. 硬化萎縮コケの病因、硬化萎縮コケにはどのような原因があるのか
  3. 硬化萎縮の検査、硬化萎縮の診断
  4. 硬化萎縮の紹介−症状−治療−ケア−食事−
  5. 硬化萎縮の食事、食事療法、硬化萎縮は何を食べればいいのか
分類

お問い合わせ