硬化萎縮コケの診断と鑑別−硬化萎縮コケの混同されやすい疾患−

硬化萎縮コケの診断と鑑別−硬化萎縮コケの混同されやすい疾患−

  • 2021-09-09 00:34:56
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 硬化萎縮コケのケア−ケアの注意点−食のタブー
  2. 硬化萎縮の紹介−症状−治療−ケア−食事−

次の疾病と鑑別しなければならない。

1.扁平コケは主に萎縮性扁平コケと区別しなければならない。扁平コケの発病は隠れ、赤紫色を呈し、掻痒は比較的にあったが、硬化はなく、体の他のところに扁平コケの皮膚損傷が見られた。組織病理所見は結合組織浮腫と均質化がなかった。

2.女性陰性白症(leukoplakia vulvae)は閉経期の女性によく発症し、若い女性にも見られる。大陰唇外側及び肛門周囲には及ばず、萎縮も発生せず、激しい掻痒を自覚した。組織病理学的に顆粒層が厚くなり、棘層が不規則に増殖し、化不良細胞が見られた。

3.滴状硬斑症(morphea guttata)或いは滴状皮膚硬化症(guttata scleroderma)と称する本症は萎縮性硬化性苔癬とよく似ているところがあるが、しかし硬斑症は一般的に皮面より高くなく、硬化は明らかでなく、損害は比較的に小さく、数は比較的に多く、しかも分布に散在し、組織病理は明らかな毛包角栓と基底細胞の化がなく、炎症浸潤は明らかではない。

  1. 硬化萎縮コケの合併症、硬化萎縮コケがどんな病気を引き起こすのか
  2. 硬化萎縮の症状、硬化萎縮の初期症状、バイタルサイン
  3. 硬化萎縮コケの病因、硬化萎縮コケにはどのような原因があるのか
  4. 硬化萎縮の治療法、硬化萎縮の治療法、硬化萎縮の治療法
  5. 硬化萎縮の検査、硬化萎縮の診断
分類

お問い合わせ