赤皮病の原因、赤皮病にはどのような原因があるのか

赤皮病の原因、赤皮病にはどのような原因があるのか

  • 2021-09-02 10:41:38
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 紅皮症のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 紅皮症の紹介−症状−治療−看護−食事

红皮症の病因主な病因:乾癣、湿疹、脂漏性皮肤炎、毛髪红糠疹、扁平苔癣リンパ肿及びその他の悪性肿疡などの増悪による引き起こし、薬物アレルギーによるなど

红皮症の病因

一、病因:

红皮症の要因は多く、Sigurdssonらの报告では102例の大部分が他の皮肤病に続発し、约74%を占め、慢性光障害性皮肤病、乾癣、脂漏性皮肤炎、湿疹、毛髪红糠疹、接触性皮肤炎など、皮肤干细胞性リンパ肿、薬疹、副肿性疾患、白血病、さらに26%が特発型であった。

乾癣红斑は红皮症に発展するよく见られる因子である。近年、皮质ステロイドホルモンの広范な応用により、乾癣合并発赤皮症の発生率が上昇した。

红皮症の原因薬としては、スルファミン系、重金属(ヒ素剤、金塩、水银剤、ビスマス剤)カルバマゼピン、バルビツール系、キニジン、イソニアジド、アミノフェニルスルホン、ヨウ素制剤などが报告されている。

悪性肿疡に红皮症を伴う者は8%?20%を占める。多数はリンパ网状内皮系悪性肿疡であり、菌状肉芽肿、Hodgkin病、白血病、前立腺癌胃癌肺癌などを含む。その中に菌状肉芽肿、Hodgkin病が最も多く、2/3を占めた。

特発型红皮症の多くは、本当の原因が不明ではなく、原因が见落とされている。ある人は16例の原因不明の红皮症患者を分析し、その中の13例は薬物アレルギー、乾癣、湿疹、ビタミン欠乏症、接触性皮肤炎、天疱疮などと関系がある可能性があることを発见した。

红皮症は他にも全身皮肤真菌症、扁平コケ、ノルウェーダニダニ、分岐锁アミノ酸の摂取不足の糖尿病児にも剥离性红皮症が报告されている。

汉方医は、本病は心火灼热、外感毒邪、毒热が営血に入り、気血両焼块、火伤津液、肌失养から成ったと考えている;あるいは食は禁忌に入り、毒邪は臓腑筋に入ってできた。

西洋医学はこの病気の発生原因は4种类あると考えている:

1.薬物アレルギー:よく见られるのはサルファ剤、ペニシリンと解热镇痛薬などである。

2.乾癣、湿疹、接触性皮肤炎、脂漏性皮肤炎などの一部の炎症性皮肤疾患は、薬の不适切な使用による皮疹の泛発或いは自然な病気の进行により発生する。

3.悪性肿疡に剥离性皮肤炎を并発し、例えば菌状肉芽肿、リンパ肿、Hodgkin病、多発性骨髄肿など。

4.原因が明らかでない者。

二、発病メカニズム:

红皮症では、表皮の交替回数が増加し、基底细胞の数が増加し、表皮通过时间が短缩されるため、より多くの物质が皮肤表面から失われる。体表から脱落する鳞屑は毎日20?30gに达し、红皮症では表皮の急速な交替により、角层细胞に含まれる大量の构成成分が再吸収あるいは代谢され、その中に大量の核酸とその産物、大量の可溶性蛋白、少量のヒアルロン酸が含まれていることが报告されている。このうち、毎日失われるタンパク质は、人体に副作用をもたらすことがある。

主な机序はまだ明确ではなく、皮肤中のサイトカインと细胞粘性分子の间の相互作用と関系があるかもしれない。

  1. 紅皮症の症状、紅皮症の初期症状、徴候
  2. 紅皮症の合併症、紅皮症がどのような病気を引き起こすのか
  3. 紅皮病を予防するにはどうすればよいか、紅皮病のケア策
  4. 紅皮病の診断・鑑別-紅皮病混同しやすい疾患
  5. 紅皮病の治療方法、紅皮病の治療方法、紅皮病の薬

お問い合わせ