細菌性心膜炎の検査および細菌性心膜炎の診断

細菌性心膜炎の検査および細菌性心膜炎の診断

  • 2021-08-03 20:11:56
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 細菌性心膜炎の治療方法,細菌性心膜炎の治療方法,細菌性心膜炎の薬
  2. 細菌性心膜炎の食事、食事療法、細菌性心膜炎は何を食べればいいのか

細菌性心膜炎の一般的な検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
リトマス牛乳試験全身内科保健課リトマス牛乳試験...
しょうさんえんかんげんしけん全身内科保健課硝酸塩還元試験...
乳酸脱水素酵素肝っ玉LDHアイソザイムの分・・・
どうてき心電図心臓心臓血管内科心電図は...
心電図心臓保健課目的は通心を通わせて・・・
胸部レントゲン胸部----胸部写真の適応...
M型心エコー図その他ちょうおんぱしつM型超音波診断...
二次元心エコー図その他ちょうおんぱしつ2次元心エコー...
ドップラ心エコー図その他----ドップラー超音波心...
経食道心エコー図その他MR室保健課経食道心エコー...
心嚢液貯留検査心臓----心嚢液貯留の検査...
コロニー総数その他内科コロニーの総数の多さは...
1.末梢血の白血球の上昇と核の左移動。

2.心膜液検査は膿性を呈し、多核白血球は増加し、糖定量レベルは低下し、蛋白含量は増加した。

3.乳酸脱水素酵素(LDL)は明らかに高くなった。

4.心膜液細胞学検査と好気性、嫌気性培養で約半数以上の病原菌の生長を発見でき、黄色ブドウ球菌が最もよく見られ、血培養或いは傷口分泌物培養で細菌の生長があり、敗血症などの感染性疾病に根拠を提供することができる。

5.心電図:ST−Tは急性心膜炎の特徴変化を呈し、交番電圧の出現はよく心臓栓、P−R延長、房室分離或いは支線ブロックを示した。

6.胸部X線:心影拡大、縦隔拡大。

7.心エコー図:心嚢液貯留を提示した。

8.心膜穿刺:膿性液体を抽出し、心膜液から細菌を培養することで確実な診断が可能であった。

  1. 細菌性心膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 細菌性心膜炎の症状、細菌性心膜炎の初期症状、バイタルサイン
  3. 細菌性心膜炎の原因、細菌性心膜炎にはどのような原因があるのか
  4. 細菌性心膜炎の合併症、細菌性心膜炎がどんな病気を引き起こすのか
  5. 細菌性心膜炎を防ぐにはどうすればよいか、細菌性心膜炎のケア策

お問い合わせ