細菌性角膜炎の検査、細菌性角膜炎の診断

細菌性角膜炎の検査、細菌性角膜炎の診断

  • 2021-08-14 23:31:44
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 細菌性角膜炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 細菌性角膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事

細菌性角膜炎の一般的な検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
角膜病巣用掻爬片眼科保健科リハビリテーション医学科角膜病巣の掻取片...
細菌性角膜炎検査

一、検査:

1.病巣掻爬検査は本症の迅速診断を行うことができる。

消毒綿棒で眼瞼縁と結膜嚢標本を採取するかKimuraあるいはLindnerスコップで潰瘍底と辺縁から採取(分泌物あるいは壊死組織)を塗抹して、メタノールあるいは95%エタノール固定5~10min、それからグラムとGiemsa染色をして、前者はグラム陽性細菌(紫色に染色)あるいはグラム陰性細菌(赤色に染色)を区別する。後者はすべての細菌が青色に染まり、炎症細胞と角膜上皮細胞もはっきりと認識できる。病巣を掻爬したグラム染色後、直接鏡検下で細胞形態学的に観察することができる。どの細菌感染であるかを迅速に特定することができ、マイコバクテリアやノカルバクターに対しても抗酸染色を行うことができる。

2.細菌培養この病気の最終診断は細菌培養でないと確定できない。

1)血寒天培地:

は最もよく使用される固体培地で、ほとんどの一般的な眼の細菌の成長に適しています。

2)増菌培地:

液体培地としては、肉浸しスープ、肉軟膏スープ、脳心浸しスープなどが用いられる。

3)嫌気性菌の培養にはチオヒドロキシグリコール酸ブイヨン、血寒天培地などを用い、嫌気性バッグや嫌気性ボックスで培養した。インキュベータ温度は36〜37℃である。

4)細菌培養の陽性率を高めるためには:

①抗菌薬による治療を始める前に培養すること;

②治療中に培養する時、患者は抗菌薬の使用を中止して12~24h後に培養するべきである;

③特に非病原性細菌が感染する機会がある場合には、必要に応じて何度も取材・培養を繰り返すこと。同じ部位で同じ菌が複数回分離された場合には、分離された菌を病原性菌と判定することができる。

3.カブトルス溶解物試験(Limulus test)はグラム陰性桿菌の細胞壁に可溶性リポ多糖内毒素があり、細菌が死亡する時に内毒素が感染組織に放出され、カブトルスアメーバ様細胞溶解物を用いて1時間以内に緑膿菌、モラ菌、ネムセレ菌とアナフィラキシー菌などのグラム陰性桿菌の感染を迅速に検査することができる。

4.血液検査で感染の程度を明らかにすることができる。

  1. 細菌性角膜炎の原因、細菌性角膜炎にはどのような原因があるのか
  2. 細菌性角膜炎の合併症、細菌性角膜炎がどんな病気を引き起こすか
  3. 細菌性角膜炎の症状、細菌性角膜炎の初期症状、バイタルサイン
  4. 細菌性角膜炎の食事、食事療法、細菌性角膜炎は何を食べればいいのか
  5. 細菌性角膜炎をどのように診断・鑑別するか−細菌性角膜炎の紛らわしい疾患
分類

お問い合わせ