前期症候群の紹介-症状-治療-看護-食事

前期症候群の紹介-症状-治療-看護-食事

  • 2021-08-12 21:10:31
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 経前症候群の治療方法、経前症候群の治療方法、経前症候群の投薬
  2. 経前期症候群の症状、経前期症候群の早期症状、バイタルサイン

月経前症候群の概要

出産適齢期の女性は今年の月経の7~14日前(すなわち月経周期の黄体期)に、一連の精神、行為及び体質などの症状を繰り返し出現し、月経が来た後に症状は速やかに消失する。本症の精神、情緒障害は更に際立っているため、以前は「経前緊張症」、「経前緊張症候群」と命名したことがある。海外の専門家の統計によると、約85%の女性が経前症状の影響を受け、そのうち5~10%の女性が症状が深刻だという。経前症候群の症状は主に体性症状、精神症状と行動変化に分けられる。近年、この病気の症状の波及範囲が広く、精神神経症状以外にいくつの互いに関連しない器官、系統に関連し、多種多様な器質性と機能性症状を含むため、総称して「経前症候群(premenstral syndrome,PMS)」と呼ばれている。しかし、まだある学者は情緒異常のこの方面の病状に際立って、「遅黄体期不安症(late luteal phase dysphoric disorder,LLPDD)」という命名をPMSの1つの分枝とすることを提出した。

,

月経前症候群の基礎知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:黄体後期心境劣悪障害,経前緊張症,後黄体期不安症
  • 発症部位:全身
  • 伝染性:伝染性なし
  • 多発者:女性
  • 関連症状:うっ血性生理痛体重増加発作性めまい乳房膨満痛生理的下痢
  • 合併疾患:経行性頭痛不眠症うつ病精神障害性機能異常に伴う精神障害

  1. 経前症候群の合併症、月経前症候群がどのような病気を引き起こすのか
  2. 経前症候群の診断と鑑別-月経前症候群は混同されやすい疾患
  3. 経前期症候群のケア−ケア上の注意−食事の禁忌
  4. 前期症候群の検査を経て、前期症候群の診断を経て
  5. 経前症候群の原因、月経前症候群にはどのような原因があるのか
分類

お問い合わせ