経前期症候群の症状、経前期症候群の早期症状、バイタルサイン

経前期症候群の症状、経前期症候群の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-12 21:11:09
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 経前症候群の診断と鑑別-月経前症候群は混同されやすい疾患
  2. 経前症候群の食事、食事療法、月経前症候群は何を食べればいいのか

月経前症候群

典型的な症状:うっ血性生理痛、体重増加、発作性眩暈、乳房膨満痛、生理的下痢、水貯留、不眠。

関連症状:うっ血性生理痛体重増加発作性めまい乳房膨満痛生理的下痢水貯留不眠

一、症状

1.症状と月経の関係

典型的な月経前症候群の症状は月経7~10日前に始まることが多い、次第に増悪し、月経前の最後の2~3日が最も深刻で、経潮開始後4日以内に症状が消失し、もう1つの稀な情況があり、すなわち月経周期中に2つの連結しない深刻な症状期が存在し、1つは排卵の前後で、それから1段の無症状期を経て、月経の1週間前に再び症状が現れる、PMSの特殊なタイプである。

2.症状の特徴とグループ分け

前期症候群は150種類の病状に関連し、精神と身体の2種類に分けられ、1種類以上のサブグループがあり、重症度は異なる。

(1)精神症状:

①焦り:精神の緊張、感情の波働、怒りっぽい、焦って忍耐力を失うため、些細な事で感情の衝動を引き起こすことができて、ひいてはけんか、泣き叫ぶことができて、自制することができません。

②抑うつ:元気がない、うつで楽しくない、感情が薄い、孤独を好む、人との付き合いや社会活動に参加したくない、不眠、集中力がない、忘れっぽい、判断力が弱まる、制御不能になることを恐れ、時に心神喪失、妄想、自殺念慮を起こす。

(2)身体症状:

水ナトリウム貯留、疼痛と低血糖症状を含む。

①水貯留:よく見られる症状は手足と眼瞼の水腫であり、ある者は乳房膨満感と腹部膨満感があり、少数の患者は体重増加がある。

②痛み:頭痛、乳房が張る痛み、骨盤の痛み、腸のけいれんなど全身のあちこちに痛みがある。

A.月経前頭痛:よく見られる主訴であり、多くは両側性であるが、片側頭痛も可能である;疼痛部位は固定せず、一般的に側頭部或いは後頭部に位置し、頭痛症状は月経前数日に出現し、悪心甚だしきに至っては嘔吐を伴い、持続性或いは時発時癒しを呈し、間欠性頭蓋内浮腫と関係があるかもしれない;月経期片頭痛と混同しやすく、後者はしばしば片側であり、発作の数分か数時間前にめまい、吐き気などの前駆症状が現れ、発作時に多くは眼かすみ(視野内に閃光の暗い点が現れる)などの視覚障害と吐き気、嘔吐を伴い、頭痛の部位と随伴症状によって鑑別することができる。

B.乳房膨満痛:経前に乳房の豊満感、腫脹及び疼痛を感じ、乳房の外側縁及び乳頭部位を重視する;深刻な者の疼痛は腋窩と肩まで放射し、睡眠を影響することができ、手に手を当てた時に乳頭は敏感で、触痛があり、充満した堅固な増厚感があるが、しかし限局性の腫塊の感覚がなく、経後病状は完全に消失した。

C.骨盤痛:経前に骨盤の沈みと腰仙部の痛みが発生し、月経が来てから緩和し、プロスタグランジンの作用と骨盤の組織の浮腫と充血と関係があるが、しかし骨盤の子宮内膜症などの器質性病変によるの生理痛と鑑別すべきである。

D.腸痙攣性疼痛:たまに腸痙攣性疼痛があり、吐き気と嘔吐があります;月経期になると下痢が起こることがある。

低血糖症状:疲れ、食欲が増し、甘いものが好き、頭痛も低血糖と関係があるかもしれない。

大多数の女性の経前症候群は多種の病状があり、深刻な経前症候群はすべて精神症状があり、その中に不安症状が多く、70%〜100%を占め、60%の経前症候群患者は乳房膨脹痛或いは体重増加の主訴がある;45〜50%の患者に低血糖症状があり、約35%の患者にうつ症状があり、このグループの患者は自殺意識があるため、生命に潜在的な脅威がある。

例えば、不眠、物忘れ、慌てる、思想が集中しない、甚だしきに至っては精神が錯乱するなどである。

4、体性症状

発熱、肢体の浮腫、口舌のびらん、水ナトリウム貯留、疼痛と低血糖症状を含む。

(1)浮腫者に顔面及び下肢陥凹性浮腫が見られた。

(2)月経前に粘膜変化がある者は、口腔潰瘍があることがある;皮膚にじんましんまたはにきび様の瘡が見られる。

(3)水貯留:よく見られる症状は手足と眼瞼の水腫であり、ある者は乳房膨満感と腹部膨満感があり、少数の患者は体重増加がある。

(4)疼痛:頭痛、周期的片頭痛、乳房膨満感、骨盤痛、腸痙攣など全身各所の疼痛症状がある。

1)月経前頭痛:

比較的によく見られる主訴であり、多くは両側性であるが、片側頭痛も可能である;疼痛部位は固定されておらず、一般的に側頭部または後頭部に位置する。頭痛症状は月経前数日に出現し、悪心甚だしきに至っては嘔吐を伴い、持続性或いは時発時に回復を呈し、間欠性頭蓋内浮腫と関係があるかもしれない;月経期片頭痛と混同しやすく、後者はしばしば片側であり、発作前数分或いは数時間にめまい、吐き気などの前駆症状が現れ、発作時に多く伴う目かすみ(視野内に閃光の暗い点ができる)などの視力障害や吐き気、嘔吐があります。頭痛の部位と随伴症状によって鑑別できる。

2)乳房が張る痛み:

月経前に乳房の豊満、腫脹及び疼痛を感じた。乳房の外側の辺縁と乳頭の部分を中心に;重度の場合、痛みがわきの下や肩に広がり、睡眠に影響を与えることがある。触診時に乳頭は敏感、触痛があり、びまん性の堅固な増厚感があったが、限局性の腫塊の感覚はなく、経後症状は完全に消失した。乳房膨満感痛が明らかな者は、検査時に乳房触痛性結節を発見することができる。

3)骨盤痛:

月経前に骨盤内の沈みと腰仙部の痛みが発生し、月経後に緩和し、プロスタグランジンの作用と骨盤内組織の浮腫と充血と関係がある。しかし、骨盤腔子宮内膜症などの器質性病変による生理痛と鑑別すべきである。

4)腸痙攣痛:

たまに腸痙攣性の痛みがあって、吐き気と嘔吐があることがあります;月経期になると下痢が起こることがある。

5)低血糖症状:

疲れ、食欲が増し、甘いものが好きです。頭痛は低血糖と関係があることもある。

(5)行為面の変化:

胃の納まりが増えて、特に甘いものや塩辛いものが好きで、社交の場所に行きたくなくて、家にいたいだけで、性欲が増えたり減退したりします。犯罪行為や自殺の企てがありやすい。

大多数の女性の経前症候群には多くの症状がある。重症の月経前症候群はすべて精神症状があり、その中に不安症状が多く、70%〜100%を占めている。60%の月経前症候群患者は乳房膨脹痛或いは体重増加の主訴がある;45〜50%の患者に低血糖症状があり、約35%の患者にうつ症状があり、このグループの患者は自殺意識があるため、生命に潜在的な脅威がある。

二、診断

1、PMSの診断基準は

①黄体期の総得点は卵胞期の総得点の少なくとも2倍である。

②黄体期の総点は少なくとも>42点;

③卵胞期の合計得点は必須<40分,如>40点は患者が他の病気であることを考慮すべきである。この方法は煩わしいが、誤診には至らない。つまり純粋なPMSは排卵前に必ず無症状の間歇期が存在し、そうでなければ他の疾病(月経前に症状が増悪するだけ)と鑑別しなければならない。

2、主に患者の病歴や家族・家族歴を知ることに頼る

多くの患者は情緒障害と精神病の症状があるため、特にこの方面の情況に注意しなければならない。現在、臨床では主に以下の3つの重要な要素に基づいて診断を行う:

①前3カ月の月経周期中に周期的に少なくとも一つの精神神経症状、例えば疲労力、焦燥、抑うつ、焦慮、過敏、猜疑、情緒不安定などと一つの体質性症状、例えば乳房膨満、四肢腫脹、腹部膨満、頭痛などが出現する。

②症状は月経周期の黄体期に繰り返し出現し、後卵胞期には無症状の間欠期が存在しなければならない。すなわち、症状は月経開始後4日以内に消失し、少なくとも次の周期の12日目までに再発しない。

③症状の重症度が患者の正常な生活及び仕事に影響を及ぼす。これら3項目に該当する者はPMSと診断される。

  1. 前期症候群の紹介-症状-治療-看護-食事
  2. 経前症候群の合併症、月経前症候群がどのような病気を引き起こすのか
  3. 経前期症候群のケア−ケア上の注意−食事の禁忌
  4. 経前症候群の治療方法、経前症候群の治療方法、経前症候群の投薬
  5. 前期症候群の検査を経て、前期症候群の診断を経て

お問い合わせ