月経前症候群の診断と鑑別-月経前症候群は混同されやすい疾患

月経前症候群の診断と鑑別-月経前症候群は混同されやすい疾患

  • 2021-08-12 21:13:12
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 前期症候群の紹介-症状-治療-看護-食事
  2. 経前症候群の治療方法、経前症候群の治療方法、経前症候群の投薬

前期症候群の鑑別を経て

1)本症は心・腎疾患による浮腫、栄養欠乏性浮腫と鑑別すべきである。

1.心臓病による水腫を心原性水腫といいます。身体下垂部の浮腫が先にあり、後に全身に拡がるが、この中で右心不全の所見は重篤であることを示しており、必ず医師の診察や入院治療を受け、利尿薬、血管拡張薬、強心薬の服用や注射を受けて治療することが必要である。腎臓病による浮腫は、腎原性浮腫と呼ばれ、腎炎によるものが多い。まず朝起きた時の眼瞼と顔面の水腫を表現し、その後次第に全身の水腫に発展し、同時に血圧の高さと尿検査の異常がある。この病気は急いで治療しなければならない。そうしないと急性から慢性に移り、最後に尿毒症に発展して死亡するかもしれない。

2.長期の栄養欠乏、特にタンパク質やビタミンなどの欠乏は全身の浮腫を引き起こすことがあり、栄養不良性浮腫と呼ばれます。

二)精神症状の重い者は、周期性精神病、症候性精神病、反応性精神病及び神経症と鑑別すべきである。

1.月ごとに周期的に発作する精神病を、周期性精神病という。原因は不明で、間脳機能の乱れが関係している可能性がある。この病気は女性に多く、青春発育期に発症することが多い。この病気の症状は2つに分類される。1類は精神興奮、言語増加、感情高揚、走って叫ぶなどの表現である。もう一つは意識障害が現れ、断片的な幻覚があり、ぼんやりとした言葉が少なく、さらにはこじれてしまうこともある。発作後はよく忘れる。

2.症候性精神病は各種の深刻な感染、中毒及び内臓器官の疾病によって引き起こされる精神病である。主に程度の異なる意識障害と表現され、軽者は傾眠状態を呈し、重者は昏睡或いは昏睡状態である。せん妄が出現し、方向付け力障害と表現され、時間、場所、人物の区別ができず、常恐怖性錯覚と幻覚が見られる。重度の患者では意識障害が消失した後、明らかな感情障害、人格変化、知的障害などが出現する。

3.反応性精神病−reactive psychosisは外部事象によって誘発される一群の精神病であり、発病とこの事象には病因学的な因果関係がある。これらの事件には、個人被害、住居、凌辱、自然災害などがあります。このような精神病の大部分は期間が短く、誘発要素の消退に伴って緩和されることが多い。

4.ノイローゼは神経症、精神症とも呼ばれ、非精神病機能性障害である。

3)乳房結節を有する者は乳腺疾患と鑑別すべきである。

乳腺病:疼痛は哺乳期に発生し、膨脹性疼痛或いは拍動性疼痛を呈し、赤、腫れ、熱現象を合併し、患部が硬くなり、しかも乳頭のあかぎれが先に現れ、これは多く乳腺炎である。

  1. 経前症候群の合併症、月経前症候群がどのような病気を引き起こすのか
  2. 経前期症候群のケア−ケア上の注意−食事の禁忌
  3. 経前期症候群の症状、経前期症候群の早期症状、バイタルサイン
  4. 前期症候群の検査を経て、前期症候群の診断を経て
  5. 経前症候群の原因、月経前症候群にはどのような原因があるのか
分類

お問い合わせ