経前症候群の治療方法、経前症候群の治療方法、経前症候群の投薬

経前症候群の治療方法、経前症候群の治療方法、経前症候群の投薬

  • 2021-08-12 21:14:13
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 経前症候群の食事、食事療法、月経前症候群は何を食べればいいのか
  2. 経前症候群を予防するにはどうすればよいか、月経前症候群の看護措置

前期症候群の診療知識を経て

受診科:婦人科治療費用:異なる病院の料金基準は一致せず、市三甲病院は約(3000--8000元)治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療前期症候群の一般的な治療を経て

一、前期症候群の西洋医学による治療

経前期症候群の臨床表現が多様化し、重大度が異なるため、一種類の治療方法ですべての病状を解決することは不可能であり、臨床医師は必ず本症の病理生理と精神社会学の特徴に基づいて、個別化治療プランを設計して最大の治療効果を達成しなければならない。

1.支援療法

感情的な支援、食事と行動の訓練、宣教などが含まれる。

(1)教育と感情的支援:

前期症候群の処置はまず情動的支持であり、患者の心理状態を調整し、疾病を認識し、勇気と自信を創立するのを助け、この精神的な慰め治療はかなりの患者に有効である。

(2)食事:

栄養不良が月経前症候群を引き起こすという証拠はないが、不良な食習慣は病状を悪化させることができ、近年の研究により合理的な食事構造が症状を緩和するのに役立つことが発見された。

①高炭水化物低タンパク食:現在、前期症候群の低血糖様症状を経て、食欲が増すと。怒り、神経過敏、疲労と雌。プロゲステロンの周期的な変化が糖代謝に及ぼす影響に関連しています、月経前に症状があると報告されている場合、炭水化物が豊富でタンパク質の少ない食事を摂ることで、炭水化物を多く飲んだり、月経前症候群の精神症状を改善し、うつ病も含めて。緊張し、怒りっぽい。疲労など、このような意見は、炭水化物や高タンパク食を制限する権威ある意見とは対照的に、しかし、近年体内のセロトニンレベルと炭水化物の嗜好との関連に関する研究及び炭水化物の摂取は脳のセロトニン前駆体のトリプトファンの利用を増加できることを発見し、前者の飲食プランの生物学的合理性を掲示した。

②塩分制限:塩分摂取過多が経前期症候群の病因であることを支持する証拠はまだないが、塩分摂取を増加すると体重が明らかに増加するため、塩分摂取を制限して水貯留を軽減するのは合理的であるべきである。

③コーヒーの制限:カフェインはPMSの症状の深刻さと関連があることが証明されており、カフェインは不安、緊張、抑うつ、怒りっぽい症状を増加させることができるため、PMSの患者はカフェインの摂取を避けるか、減らすべきである。

④ビタミンと微量元素:

A.ビタミンE:かつてビタミンEを用いて線維嚢性乳房症を治療すると同時に、ビタミンEは明らかに前期症候群患者の経前の焦慮と抑うつ症状を改善できることを発見し、ビタミンEの高用量(400mg/d)はPMSの精神症状を軽減することができ、低用量(150〜300mg)は無効であることを報告したが、しかしその正確な有効性は現在もっと多くの証拠が不足している。

B.ビタミンB6:ビタミンB6はドーパミンやセロトニンを合成する補酵素で、後二者は行動と精神に影響を与える神経伝達物質であることが証明された、しかし、ビタミンB6による経前症候群の治療の有効性に関する報道は一致しておらず、近年、飲食中に毎日50mgのビタミンB6を添加することは経前症候群の経前抑うつと疲労などの症状を軽減できると報告されているが、長期或いは大量のビタミンB6服用は知覚神経に対する毒性作用があることに注意しなければならない。

C.マグネシウム:マグネシウム欠陥は各種のルートを通じて月経前症状を活性化でき、近年、マグネシウムの内服は月経前精神症状を効果的に軽減できると報告されたが、メカニズムは不明であり、月経前症候群患者の赤血球中のマグネシウムに明らかな欠陥があると報告されたが、その後、再現性の報告は見られず、血液マグネシウムと月経前症状との関係も発見されなかった。

(3)その他:

他にも一般的な非薬物療法としては、運動、認知行動療法、リラクゼーショントレーニング、バイオフィードバック(反射療法)、光療法、睡眠サイクル調整法などがあり、これらの療法には多くの利点があるが、統計学的に適切なサンプル量と対照研究によって有効性が確認される必要がある。

2.医薬品の使用

一般的な治療が効かない患者に適しています、症状を引き起こす病態生理を分析すべきである。現在、重篤なPMSの治療に有効な薬物は、二重盲検対照研究により、セロトニン作用性抗うつ剤、性腺刺激ホルモン放出ホルモン増強剤、抗不安剤の3種類であることが確認されており、表5を参照して、以下では、上記3種類の薬物に含まれる各薬物のPMS治療への応用の近況と将来性を紹介します。

(1)性ホルモン:

①プロゲステロン:黄体期プロゲステロン補充療法は長期的に経前期症候群の治療に応用され、多くの開放性臨床試験報告は有効であった(Moline L,1993)が、一部の比較的大規模な対照を設けた臨床試験はすべて実証されなかった(Freeman E,1993)。

②経口避妊薬

:性ホルモンを含む経口避妊薬(OC)を用いて排卵を抑制し、前期症候群を治療する治療効果の報告はまちまちである;全体的に有効性は実証されていないが、近年、ある報告は経口避妊薬は経前症候群の症状を遅延させるか、逆に症状を加重させ、プロゲステロンを主とするOCはエストロゲンを主とするOCより経前症候群を加重することがもっとよく見られ、ある報告はOCP剤型は経前症候群に対する治療効果と関係がある、そして、単相OCPを採用することは月経前症候群の症状を改善することができると考えられ、著者らは性ホルモン自身の精神作用のため、個人反応を予測することは比較的に難しく、OCの中に特殊な剤型があるかどうかは月経前症候群の治療に対して信頼できる治療効果があるかどうかはまだ実証しなければならず、少なくともOCを月経前症候群の第一線の薬物とするべきではないと考えられる。

(2)ダナゾール:

17α−アセチレンテストステロンの誘導体であり、抗性腺刺激ホルモン製剤であり、視床下部−下垂体性腺刺激ホルモンに対して抑制作用を有し、初歩的な臨床報告によると、ダナゾール100〜400mg/dは消極的な情緒、疼痛及び行動変化に対してプラセボより良い効果があることを指摘した。200mg/dは乳房の痛みを軽減する効果があります、2つの二重盲検臨床研究の報告は排卵後にダナゾールを投与しても月経前症状が低下することを指摘している、眠気を含む。怒りや不安症。その効果は明らかにプラセボより優れており、ある深刻な前期症候群患者に対して、ダナゾール200mg、2回/dを採用し、治療作用を達成することができるが、しかし、ダナゾールはアンドロゲン活性と肝機能損害作用を有するため、ダナゾールの臨床応用を制限し、そのため、その他の治療が失敗した時、しかも症状が非常に深刻な時にのみ、ダナゾールの治療を考慮する。

(3)性腺刺激ホルモン放出ホルモン増強剤:

GnRH-aは下垂体レベルで調節することにより、下垂体性腺刺激ホルモンの分泌を抑制し、低性腺刺激ホルモン低エストロゲン状態をもたらし、卵巣を切除する効果を達成でき、近年の大多数の臨床対照研究はすでに各種のGnRH-aがPMSを治療するのに有効であることを証明した;GnRH-aの種類と剤形によって投薬方法を決定すべきで、表5を参照して、しかしGnRH-aはそれらの同時に存在する重篤な抑うつ型精神障害に対して効果がなく、これらの患者は経前の症状が加重して、月経が来てから緩解する表現があるにもかかわらず;これらの結果は、月経前に発生する「うつ病」に限定されたメカニズムが他の精神障害と区別されていることを示唆している。

臨床観察により、GnRH-aの明らかな治療作用は第2の治療周期に現れた;GnRH−a投与初期の下垂体興奮作用がPMS症状を悪化させたという報告は見られなかった、しかしGnRH-aを長期間投与すると低エストラチン状態による副作用があり、陣発潮熱を含む。膣が乾燥している。骨粗鬆症など、したがって、GnRH-aの単独適用は6ヶ月を超えてはならないことが推奨されている。性ホルモンの逆添加(add-back)療法はGnRH-a低エストロゲンの副作用を軽減することができる、エストロゲンとメドロキシプロゲステロン(プロゲステロン)を組み合わせた連合代替法はGnRH-aの治療作用に明らかな影響がないことが報告された、しかし、長期的に雌、プロゲステロンを投与することによる前期症候群治療への影響はまだ確定できず、著者らは排卵を抑制しプロゲステロンの周期的変化を除去することができるが、エストロゲンに対する抑制程度が相対的に小さいGnRH-aの投与量は、前期症候群治療の理想的な剤形であると考えている。

(4)抗うつ剤:

現在セロトニン系の抗うつ剤は重篤なPMSの治療に新薬の一種を提供している、これまでの臨床研究では60~70%の明確に診断された月経前症候群が示唆されており、セロトニン系抗うつ剤は月経前症候群の症状を効果的に軽減することができ、一般的に第一または第二の治療周期で症状の改善が現れ、副作用はよく薬の初めに現れる;しかし、一時的には、投与時間の経過や投与量の調整により副反応が消失し、二類抗うつ剤、すなわち選択的セロトニン再摂取抑制剤(SSRIs)と三環系抗うつ剤がある。

①選択的セロトニン再摂取抑制剤(SSRIs):SSRIsはPMSに対して明らかな治療効果があり、しかも耐用しやすいため、現在PMS治療の第一線の薬物であると考えられている。

A.フルオキセチンとは:フルオキセチンはPMSまたはPMDDの抗うつ研究で最も多く用いられている1種である、近年、大規模な多拠点臨床試験が行われていますが、プラセボ対照研究と開放性非盲検研究を含め、フルオキセチンの有効性を報告した、この薬は月経前症候群の感情症状の軽減に有効であり、大多数の用量は毎日20mgを採用し、月経周期全体に服用し、明らかな副反応がなく、しかし毎日60mg、副反応のため、多くの患者は持続的に服用することができなく、月経前症候群に適さないことを示した。

B.パロキセチン:SSRIの一種でもあり、プラセボ対照或いは開放性非盲検の治療試験により、この薬は月経前症候群の抑うつと不安症状に有効であるほか、一般症状にも有効であることが証明され、用量は毎日10〜30mg、平均用量は毎日20mgで、もし20mgを超えてから症状をコントロールできる人は、症状をコントロールした後徐々に用量を減らすべきである。

C.クロロフェニラミン(キンドレリン):SSRIの一種でもあり、近年の多センター臨床試験はすでにそれが経前期症候群の治療に有効であることを証明し、研究用量は毎日50〜150mgで、全月経周期に服用する。

②三環系抗うつ薬:クロミパミン(クロミプラミン)は三環系でセロトニンやノルアドレナリンの再摂取を抑制する薬で、毎日25~75mgがPMSコントロールに有効で、この薬は症状のある黄体期にのみ服用しても明らかな治療効果があることが最近報告されている。

選択的セロトニン再取り込み阻害剤は、三環系抗うつ薬と比較して、抗コリン作用はありません。低血圧や鎮静の副作用、依存性がなく、特別な心血管及びその他の重篤な毒性作用がないという利点があります、一部のめまい、吐き気、頭痛、不眠の副作用は、通常は一時的であり、軽度であるが、注目すべきことは、三環系抗うつ薬はモノアミンオキシダーゼ製剤や他の薬物と相互作用していることであるため、選択的セロトニン摂取阻害剤は、他の抗うつ薬と併用すべきではないことである。

(5)抗不安剤:

抗不安薬は明らかな不安と怒りっぽい月経前症候群の患者に適している、抗不安と抗痙攣剤であるアプラゾラム(ガスタチン、ガロジン、メチルトリアゾラム)、アプラゾラムはいくつかの抗うつ特性を持っており、p-ベンゾジアゼピン系薬物であり、いくつかの(すべてではない)プラセボ対照二重盲検研究の中で、黄体期にアプラゾラムを用いて経前期症候群症状を治療するのに有効であることを発見し、近年の大規模な研究アプラゾラムはプラセボより前症候群のすべての症状に対して明らかに有効であることを証明した、アプラゾラムは黄体期にのみ薬を投与することができ、経前症候群を有効にコントロールすることができる唯一の薬物である、この薬は作用が速くて、用量は個体化しなければならないため、前投薬、開始用量は0.25mgで、2~3回/dで、次第に増加して、4mg/dは最大用量で、平均用量は2.25mg/dで、ずっと月経が来潮の第2~3日まで使用して、この投薬方法はいかなる軽微な薬を取り除くことができて、投薬の最初は傾眠の副作用があって、通常は短期内に消えます;この薬は黄体期のPMS治療に限定されており、一般的には依存性を生じず、経過後も軽度の不安や抑うつ症状が続く人には効果がない。

患者は上述の精神症状をコントロールする調合剤に対してすべて特異反応性がある、そのため、患者の薬物反応性に対して少なくとも3ヶ月のフォローアップを行い、症状の軽減が十分でない場合には、他の薬物への転用や他の治療法への転用を検討すべきであり、セロトニン再摂取阻害剤の有効性と耐性のため、重篤な月経前症候群患者の第一線の薬物として急速に位置づけられており、アプラゾラムも月経前症候群の治療に適した選択肢である。

(6)プロスタグランジン阻害剤:

プロスタグランジン抑制剤、例えばメフェナリン酸(メフェナリン酸)は黄体期に用いられ、経前症候群に関連する多くの身体症状を軽減でき、情動症状の改善に関する報告は一致せず、明らかな経前と経期の疼痛、乳房膨脹痛、頭痛、生理痛、下半背部痛及び全身不調を含む、経前12日間に投与し、250mg、3回/d;胃刺激を減らすために食事中服用を行い、胃潰瘍病歴のある者は禁止した。

(7)ブロモクリプチン:

プロラクチンのインヒビターであるブロモクリプチンは主に経前乳房痛に有効であることがほとんどの研究で報告されており、一部の報告では、ブロモクリプチンは経前症候群の感情症状にも有効であり、1/5の患者は吐き気、頭痛、嘔吐、めまい、疲労、発作性頻脈などの副作用があり、食事中に薬を服用することで副反応を減らすことができる。

(8)スピロラクトン(アンビソシュトン):

スピロラクトン(アンソストン)はアルドステロン受容体拮抗薬の一種であり、利尿作用だけでなく。また、アンギオテンシン機能を直接抑制する作用が中枢に影響し、アドレナリン活性が認められ、スピロラクトン(アンソストン)25mg、2〜3回/dが、水貯留症状の軽減のみならず、精神症状にも有効であることが報告されており、ランダム化対照臨床試験でスピロラクトン(アンソストン)が消極的な心境や体性症状に有効であることが証明されている;しかし、交差研究において、スピロラクトン(アンソストン)投与群がプラセボ群に移行した場合、症状の悪化が見られなかったため、スピロラクトン(アンソストン)の有効性に対する更なる研究が必要である。

3.手術又は放射線処置

手術による卵巣切除或いは放射線による卵巣機能の破壊による厳重なPMSの治療を提案することがあり、この根治性治療方法は頑固な月経前症候群で成功することがすでに確定したが、卵巣切除の手術療法は無効である時、最後に選択した1種の手段で、中年及び比較的若い女性に投与するのは適当ではない。

前期症候群の弁証的治療

二、漢方薬の民間療法

1、陰虚肝旺型

陰虚肝旺型は、経前の心労易怒、目まい、健忘不眠、舌紅少苔、脈弦細を表現し、杞菊地黄湯加減を応用した。

2、心脾両虚型

心脾両虚型、経前心悸不眠、神疲労力、多思善慮、顔色萎黄、食欲差、舌淡紅、苔薄白、脈細数、応用帰脾湯を表現した。

3、肝郁気滞型

肝郁気滞型はよく見られる1種であり、以前の乳房、乳頭膨張痛、甚だしきに至っては服に触ることができなくて、快挙痛、小腹部膨満連及び胸脇、イライラして怒りやすく、脈弦、舌を暗くし、逍遥散で加減することを表現する。

4、脾腎陽虚型

脾腎陽虚型で、顔面浮腫、めまい、体倦怠、嗜眠、納少、軟便あるいは経前の下痢、腹がいっぱいに膨れ、腰がだるく、足が柔らかく、舌が太って歯跡があり、苔が白くて潤い、脈が弱く沈み、健固湯を応用した。

5、経行乳張り

主証は経前に乳房が膨れて痛み、甚だしきに至っては服に触ることができなくて、痛みは抑えて、経行は小さい腹部が膨れて痛み、胸の脇が膨れて、いらいらして怒りやすくて、経行はスムーズでなくて、色は暗くて赤である。舌質赤、苔薄、脈弦。

治療法は肝理気を疎かにし、活血通絡する。

処方薬の柴胡疎肝散に味を加える。

柴胡10g、トウヒ12g、香附10g、センキュウ10g、ビャクシャク12g

当帰15g、川実10g、路路通10g、陳皮6g、甘草6g。

  1. 前期症候群の紹介-症状-治療-看護-食事
  2. 経前期症候群の症状、経前期症候群の早期症状、バイタルサイン
  3. 経前症候群の合併症、月経前症候群がどのような病気を引き起こすのか
  4. 経前症候群の診断と鑑別-月経前症候群は混同されやすい疾患
  5. 経前期症候群のケア−ケア上の注意−食事の禁忌

お問い合わせ