月経前症候群受診ガイドライン−月経前症候群

月経前症候群受診ガイドライン−月経前症候群

  • 2021-08-12 21:14:55
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 経前期症候群のケア−ケア上の注意−食事の禁忌
  2. 経前症候群の合併症、月経前症候群がどのような病気を引き起こすのか
経前症候群受診コンパスは月経前症候群患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:月経前症候群はどんな科の番号をかけますか?前期症候群検査前の注意事項は?医者は普通何を聞きますか。経前期症候群はどのような検査をしますか?前期症候群の検査の結果はどう見ますか。待ってくれ。月経前症候群受診ガイドラインは月経前症候群患者の診察を便利にし、月経前症候群患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的とする。
典型的な症状
生理痛、体重増加、乳房膨満感
診療科の受診を勧める
婦人科
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は2日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来診療:毎週再診して生理痛が緩和した後、不調を伴って診察した。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、めまい、下痢、拒食などの随伴症状はありますか?
4、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査の結果は何ですか。
5、治療の様子はどうですか?
6、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.膣分泌物検査
膣分泌物は女性の生殖器系であり、主に膣から分泌される液体であり、「白帯」とも呼ばれる。膣分泌物の検査は通常、外陰部を洗浄した後、医師や看護師が患者のために検体を採取しなければならない。膣分泌物は一般的に塗抹検査が可能である。
2.CA125チェック。
3.子宮頸粘液検査
正常な情況の下で、月経周期の第8〜10日に、粘液塗抹標本に結晶が見られ、排卵期に体内のエストロゲンのレベルがピークに達し、典型的な羊歯状結晶が現れる。排卵後、結晶は次第に減少し、22日後には結晶は出現しなくなった。結晶の多さと羊歯状の完全さは体内のエストロゲンレベルの高低を示す。
4.基礎体温測定
月経周期は規則的で、毎周期は28-30日で、排卵は一般的に次の月経前の14日前後で、排卵前5日と排卵後4日の間の10日以内は排卵期で、妊娠しやすい期間でもある。月経周期では、排卵前の基礎体温が低くなることが多く、通常の毎朝起きる前の体温(いわゆる基礎体温)は37度以下です。
5.腹腔鏡検査
乳房赤外線透視、モリブデンターゲット写真などの検査。
6.その他のチェック
血液検査、肝臓、腎臓機能、血漿蛋白、血漿ブドウ糖、インシュリンの測定は主に全身性疾患或いは低血糖を排除する。
しんだんきじゅん
1.最初の3カ月の月経周期の中に少なくとも1つの精神神経症状、例えば疲労力、いらだち、抑うつ、不安、悲しみ、過敏性、猜疑心、情緒不安定などと1つの体質的な症状、例えば乳房の膨満感、四肢の腫脹、腹部膨満感、頭痛などが周期的に出現すること。2.症状は月経周期の黄体期に繰り返し出現し、後卵胞期には症状のない間歇期が存在しなければならない。すなわち、症状は月経開始から遅くとも4日以内に消失し、少なくとも次の周期の12日目までに再発しない。3.症状の深刻度は患者の正常な生活と仕事に影響し、すべて上記3項目に符合する者はPMSと診断することができる。


  1. 前期症候群の紹介-症状-治療-看護-食事
  2. 経前期症候群の症状、経前期症候群の早期症状、バイタルサイン
  3. 経前症候群の診断と鑑別-月経前症候群は混同されやすい疾患
  4. 経前症候群の治療方法、経前症候群の治療方法、経前症候群の投薬
  5. 経前症候群の原因、月経前症候群にはどのような原因があるのか
分類

お問い合わせ