結節性硬化症の合併症、結節性硬化症がどんな病気を引き起こすか

結節性硬化症の合併症、結節性硬化症がどんな病気を引き起こすか

  • 2021-09-09 00:30:18
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 結節性硬化症を予防するにはどうすればよいか、結節性硬化症のケア対策
  2. 結節性硬化症の原因、結節性硬化症にはどのような原因があるのか

結節性硬化症の合併症

よくある合併症:不眠症後発性白内障脊髄くも膜炎視神経萎縮

一、合併症:

1.約30~60%の患者は眼の損傷があり、網膜結晶腫は最も特徴的で、少数は突然不眠になることがある。少数の患者は突眼、白内障、色素性網膜炎、網膜出血と原発性視神経萎縮などである。少数の患者は内臓腫瘍を合併することができ、腎臓腫瘍が最も多く見られ、その次は心横紋筋腫である。また、骨病変を伴うこともある。

  1. 結節性硬化症の食事、食事療法、結節性硬化症は何を食べればいいのか
  2. 結節性硬化症の紹介−症状−治療−看護−食事
  3. 結節性硬化症の症状、結節性硬化症の初期症状、バイタルサイン
  4. 結節性硬化症の診断と鑑別−結節性硬化症の混同されやすい疾患−
  5. 結節性硬化症の治療方法,結節性硬化症の治療方法,結節性硬化症の薬

お問い合わせ