結節性硬化症の診断と鑑別−結節性硬化症の混同されやすい疾患−

結節性硬化症の診断と鑑別−結節性硬化症の混同されやすい疾患−

  • 2021-09-09 00:30:54
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 結節性硬化症の症状、結節性硬化症の初期症状、バイタルサイン
  2. 結節性硬化症の紹介−症状−治療−看護−食事


一、鑑別診断:

1.尋常ざ瘡:黒頭にきび、膿疱及び炎症性丘疹があり、ほとんどの患者は思春期を過ぎた後に症状が年々軽減し、消滅する

2.嚢性腺様上皮腫症(epithelioma adenoides cysticum):多発性、対称性、正常な皮色の強靭な丘疹或いは小結節である。顔面によく発生し、その特徴は鼻唇溝に沿って対称的に分布することであるが、一部は額、眼瞼と上唇に発生する。知的障害はない。

  1. 結節性硬化症の食事、食事療法、結節性硬化症は何を食べればいいのか
  2. 結節性硬化症の原因、結節性硬化症にはどのような原因があるのか
  3. 結節性硬化症の合併症、結節性硬化症がどんな病気を引き起こすか
  4. 結節性硬化症の検査および結節性硬化症の診断
  5. 結節性硬化症の治療方法,結節性硬化症の治療方法,結節性硬化症の薬

お問い合わせ