結節性硬化症の治療方法,結節性硬化症の治療方法,結節性硬化症の薬

結節性硬化症の治療方法,結節性硬化症の治療方法,結節性硬化症の薬

  • 2021-09-09 00:31:23
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 結節性硬化症の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 結節性硬化症の食事、食事療法、結節性硬化症は何を食べればいいのか

結節性硬化症の診療知識

受診科:性病科皮膚科治療費用:病院によって料金基準が一致せず、市三甲病院約(1000-5000元)治愈率:治療周期:治療方法:病因治療、対症治療結節性硬化症の一般治療

一、薬物治療:

1.てんかん発作をコントロールし、てんかん治療を参照。高幅不整脈乳児痙攣症に対しては、ACTHとクロニトロ安定剤を用いた治療が行われている。

2.知的障害者は三楽喜0.1~0.2 3/d回、脳復康0.4~0.8 3/d回、漢方薬蒲参益智カプセル2粒3回/dを選択することができる。

二、手術治療:

1.脳波が一定の単一局限性癲癇様放電を有する者は皮質あるいは皮質下結節を手術で切除することができる。

結節性硬化症の弁証的治療

一、鍼灸

1.体針

取穴:主穴:背三針、鳩尾、筋縮、腰奇、間使、額三針、豊隆。配穴:中脉、照海、神門、関元、三陰交、足三里、太淵、三冲、臭中、血海。

治療法:主穴を主とし、毎回適宜4〜6穴を選択する。背中の針を取り0.6~1.5寸のすすき針を経て脈を通し、神道透陽関、神道透大椎、腰奇透陰関。針を入れた後、中程度の頻度(120回/分)で1分間ねじります。額三針は双側眉衝穴の膀胱に沿って経透針二針であり、この連結線を下辺の二等辺三形とし、もう一つの頂点は督脈に沿って透針である。余穴邪実用潟法、体虚用補法、針15分、毎日1回或いは隔日1回。

治療効果:上方治療124例、三元弁証療法を配合し、効果85例、有効28例、無効11例、総有効率91.06%であった。

2.ヘッドピン

取穴:てんかん穴、頂中線、額中線、頂傍線、枕上正中線、後側頭斜線。

てんかん穴位:風池内1寸上1寸、僧帽筋の端部。

治療法:針を導入した後にG-6805治療器で低周波パルス電気を30分間流し、発作が深刻な者は適当に通電時間を延長することができる。通電は麻感が額に達することが望ましいが、脳波病巣部での針通電も可能である。隔日1回。

  1. 結節性硬化症の原因、結節性硬化症にはどのような原因があるのか
  2. 結節性硬化症の合併症、結節性硬化症がどんな病気を引き起こすか
  3. 結節性硬化症の検査および結節性硬化症の診断
  4. 結節性硬化症の症状、結節性硬化症の初期症状、バイタルサイン
  5. 結節性硬化症の診断と鑑別−結節性硬化症の混同されやすい疾患−
分類

お問い合わせ