網膜中央動脈閉塞症の検査および網膜中央動脈閉塞症の診断

網膜中央動脈閉塞症の検査および網膜中央動脈閉塞症の診断

  • 2021-08-14 23:46:35
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 網膜中央動脈閉塞の診断と鑑別−網膜中央動脈閉塞の混同されやすい疾患−
  2. 網膜中央動脈閉塞のケア−ケアの注意点−食事のタブー

網膜中央動脈閉塞の一般的な検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
血管造影血液血管心臓血管内科心胸部脳外科血管外科腫瘍血管を診断するには...
眼底微小血管検査眼科外科保健科眼底微小血管検査...
蛍光眼底血管造影法眼科外科保健科眼底蛍光血管...
スリットランプ五感裂け目ランプの検査は...
眼底鏡検査法眼科眼底鏡検査法...
一、検査:

造影と閉塞の発生間隔、閉塞部位と程度の違い、及び閉塞後の血液循環代償と再建情況の違いにより、造影所見が異なる。動脈の完全無灌流、充満遅延、小分岐の無灌流から充満完全正常まですべて見られた。全体的には、次のような表現があります:

病期早期の蛍光造影所見:臨床的には、閉塞開始直後に蛍光血管造影を行う機会はないといえるが、病期早期所見とは、実際には発症数時間や数日後の造影変化を指す。

主幹が完全に閉塞する時、網膜動脈は蛍光染料の灌流がなく、しかし視床の毛細血管は毛様動脈から供血して、すぐに色素が充満して、しかも明らかに拡張して、側枝吻合を形成して、そして迅速に視床の上の中央静脈の根元に還流して、染料を静脈主幹の近位端に蓄積させる。同時に特殊な逆流現象を呈し、即ち染料は静脈主幹から視床外静脈枝に逆行して充満する。

完全な主幹閉塞が突然緩解した場合、あるいは不完全な主幹閉塞の場合、造影所見は造影時の閉塞程度によって異なり、閉塞重篤者は蛍光充満遅延を示し、網膜動脈完成循環時間は正常眼で約1〜2sであったが、閉塞動脈では30〜40sに延長した。静脈に蛍光が現れる時間も非常に遅く、正常時は動脈期から静脈早期までの差は1〜2sだけであるが、この時は30〜40sまで延長することができる。静脈の蛍光は暗く或いは顆粒状であり、血行が深刻でないことを示唆した。閉塞程度が比較的に軽い者は、動静脈充満時間が少し延長するか、完全に正常である。

分枝完全閉塞造影では、閉塞部への血流の突然の遮断が見られ、管壁からの蛍光漏出が見られた。分岐の完全な閉塞のもう1つの徴候は、逆行性充満である。閉塞分枝の末梢端の圧力がかなり低く、毛細血管からの血液還流が可能であることから、閉塞初期の蛍光体シート上では、この動脈末梢端の染料灌流が閉塞部近位端よりも早く見られた。

分岐不完全性閉塞、閉塞箇所の管壁に蛍光漏出がなかった。この動脈枝の蛍光充満時間は他の正常な枝よりわずかに延長するか、完全に正常である。

経過後期とは、閉塞が発生してから数週間ないし数カ月後のことである。この時、蛍光造影は、主幹あるいは分枝完全閉塞眼では、枝循環(ズレ)により動脈充満時に正常に戻ったが、動、静脈管径狭窄、血管鞘膜、側枝管および毛細血管無灌流区などに見られ、微小動脈瘤、新生血管などの異常蛍光や網膜増殖膜などに偽蛍光を認めることもある。

  1. 網膜の中央の動脈が閉塞する症状、網膜の中央の動脈が閉塞する初期の症状、徴候
  2. 網膜中央動脈閉塞の原因、網膜中央動脈閉塞にはどのような原因があるのか
  3. 網膜中央動脈閉塞の合併症、網膜中央動脈閉塞がどんな病気を引き起こすか
  4. 網膜中央動脈閉塞の治療法、網膜中央動脈閉塞の治療法、網膜中央動脈閉塞の治療法、網膜中央動脈閉塞の治療法
  5. 網膜中央動脈閉塞の紹介−症状−治療−ケア−食事

お問い合わせ